ぷるぷる潤い食材【白きくらげ】茹で方の基本~保存・レシピまで

10

2021.10.01

分類副菜

調理時間: 10分

ID 422719

おうち薬膳 村上華子

身近な食材で体を整える、おいしい薬膳ごはんとおやつ

保水率・抜群。ぷるぷる植物性のコラーゲン!「白きくらげ」は、乾燥する季節の潤いづくりに欠かせない、お手当食材です。薬膳デザートにスープ、サラダや炒め物など色々な料理にアレンジが可能。購入したら一袋まとめて下茹でしておけば、いつでも手軽に使えます。

【薬膳メモ】
白きくらげはキノコの仲間で、食物繊維もたっぷり。美肌効果は有名ですが、実は、肺やノドなどの呼吸器を潤すもの得意。ノドの渇きを抑えたり、乾燥性の咳を落ちつかせる作用があるので、空気が乾燥する季節に重宝する食材です。

    材料

    (市販のもの一袋分/ここでは30g入りのものを使用)
    白きくらげ(乾燥) 30g
    1リットル

    作り方

    ポイント

    乾燥した白きくらげは、品種や保存状況によって乾物臭が強いこともあります。一度茹でこぼしをしてもまだ臭いが残っている場合は、再度繰り返すことで臭いがやわらぎます。ひと手間かかりますが、シンプルな味付けのスイーツなどに使う場合は、この工程を行うことで断然おいしくなります!
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. 白きくらげ(乾燥)を水に戻し、汚れを落とる。
    2. 鍋に水を入れて沸騰させる。白きくらげを入れて5分茹でる。ザルに上げて水を切る。乾物臭が残っている場合は、水を替え、再び5分茹でる。
    3. 石づきの固い部分を取り、一枚のサイズが大きいものは手で割る。
    4. 【保管方法】
      冷蔵で保存する場合は翌日まで。冷凍すれば1カ月は保存可能です。使いやすい分量にわけて保存用袋に入れると便利です。
    5. 【おすすめレシピ】
      美肌効果も抜群!乾燥する季節のお手当レシピ【白きくらげと梨のはちみつ煮】
      oceans-nadia.com/user/597063/recipe/422882

      ★冷凍保存した白きくらげは解凍不要。凍ったまま鍋に入れればOKです。
    1 13

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「ボウル 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは