乾燥する季節のお手当レシピ【白きくらげと梨のはちみつ煮】

35

2021.10.01

分類デザート

調理時間: 35分(白きくらげの下茹で時間は除く)

ID 422882

おうち薬膳 村上華子

身近な食材で体を整える、おいしい薬膳ごはんとおやつ

保水率・抜群。ぷるぷる植物性のコラーゲン!白きくらげと、梨を使った温かいデザートスープです。医食同源の国・中国では『銀耳雪梨糖水』という名前で愛されてきました。本場では、はちみつではなく、氷砂糖で甘味をつくります。どちらでもお好みでどうぞ!

【薬膳メモ】
白きくらげは、中国で『銀耳』と呼び、乾燥の季節にかかせない食材です。梨も同様に、肺や呼吸器系を潤すので、中国では古くから民間療法として、咳や急性の気管支炎の症状をやわらげるために用いられてきました。蓮の実は胃腸を元気に整えたり、精神的な不安を持つ人におすすめしている漢方食材です。もし手に入れば、使ってみてください。

    材料

    2人分
    白きくらげ(下茹で済のもの) 120g
    1/2個
    2カップ
    A
    はちみつ 大さじ1~2
    A
    しょうが 適量
    A
    シナモン 適量
    クコの実 適量
    蓮の実 適宜

    作り方

    ポイント

    白きくらげは、トロトロ(ドロドロ)になるまで煮込む方が、消化に優しく、体への吸収率も高まります。時間に余裕のある方は、水をやや多めに増やして煮込み時間を長めにしてもよいです。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. 【白きくらげ】
      乾燥のものを使用します。購入したら一袋分すべてを下茹でして、保存袋に入れて冷凍保存しておけば、炒めものやサラダなど、色々な料理に活用できて便利です。

      ①ボウルに白きくらげを入れて水洗いをしたら、たっぷりの水を沸騰させて5分下茹する。
      ②ザルに入れて水気を切る。この時まだ乾物臭が残っている場合は水を替え、再び5分茹でる。
      ③石づきの部分を切り取り、一枚が大きいものは手で割る。

      ★白きくらげの「基本の茹で方から保存」については、こちらのページでくわしくご紹介しています。
      oceans-nadia.com/user/597063/recipe/422719

      【その他の材料】
      クコの実は、はちみつ(分量外)につけて戻しておく。
      蓮の実を使う場合は、一時間~半日ほど浸水させる。
    2. 梨の皮を芯を取り、食べやすい大きさに切る。(ここではくし切りにしています)。しょうがは皮の汚れをこそげ取る。
    3. 鍋に水、白きくらげ(下茹で済のもの)、梨を入れて、弱火で20分煮る。
    4. 白きくらげにとろみが出たら、A

      はちみつ 大さじ1~2、しょうが 適量、シナモン 適量

      を入れてさらに10分煮る。(蓮の実を使う場合はここに加える)※何度もかき混ぜると粘りがでるで、混ぜる場合は鍋をゆするようにします。
    5. 器に盛り、クコの実を飾る。出来立ての温かいうちに食べていただくのがおすすめですが、冷やしてもおいしいです。その場合、粗熱が取れてから冷蔵庫に入れて下さい。
    1 14

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「薬膳スープ 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは