Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. なすとピーマンの甘味噌そぼろ炒め【#作り置き#お弁当】

    なすとピーマンの甘味噌そぼろ炒め【#作り置き#お弁当】 4分前

    265人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 焼いて和えるだけのごちそう♪失敗なしのエビマヨ

    焼いて和えるだけのごちそう♪失敗なしのエビマヨ 4分前

    153人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. ポン酢と大葉のさっぱり焼きそば

    ポン酢と大葉のさっぱり焼きそば 7分前

    123人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 豚バラと小松菜の中華風春雨煮【#作り置き#水戻し不要】

    豚バラと小松菜の中華風春雨煮【#作り置き#水戻し不要】 9分前

    104人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. オクラとささ身の香味ポン酢サラダ【#作り置き#レンジ】

    オクラとささ身の香味ポン酢サラダ【#作り置き#レンジ】 9分前

    155人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

入れるだけ!豆腐クリーム&ぽんせんのジャースイーツ♪苺味

20

2015.05.29

分類デザート

調理時間: 20分(豆腐クリームを作る時間、冷ます時間は除く)

ID128082

山本路子(みるまゆ)

からだにやさしい♪野菜ごはんとナチュラルスイーツ

話題のジャースイーツ!豆腐クリーム、ぽんせん、即席苺ソースを入れるだけです♪

ヘルシー アレルギー シニア 子供

このレシピをサイトに埋め込む

材料(160mlの器2つ分)
A
木綿豆腐 400g
A
メープルシロップ 30~40g
A
少々
B
100g
B
てんさい糖(or粗製糖) 大さじ1
B
レモン汁 小さじ1
ぽんせん 大さじ4くらい
作り方
Point!
半日ほどおいてぽんせんが柔らかくなってからどうぞ。豆腐クリームは冷蔵庫で3~4日保存可能。残りはそのまま食べたりケーキなどに添えてどうぞ。
  1. 豆腐クリームを用意しておく。木綿豆腐は熱湯で2~3分茹で、360~370gくらいまで水切りする。Aをブレンダーかフードプロセッサーでなめらかなクリーム状にする(このうちの120gを使用)。
  2. 苺を小鍋に入れて潰し、Bの残りの材料を加える。時々混ぜながらとろみがつくまで4~5分加熱し、冷ましておく。
  3. 器に豆腐クリーム30g、ぽんせん大さじ1、1の1/4量の順に入れ、これをもう1度繰り返す。別の器で同様に作る。冷蔵庫で冷やしてどうぞ。
6 5
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】7月は夏カレーで気軽におもてなししてみませんか
    7月は夏カレーで気軽におもてなししてみませんか この特集を読む
  2. PR 【PR】暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾
    暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾 この特集を読む
  3. PR 【PR】お弁当に!いなば食品の食塩無添加コーン大量活用術
    お弁当に!いなば食品の食塩無添加コーン大量活用術 この特集を読む
  4. PR 【PR】暑い日に。あごだしつゆのひんやりあんかけ豆腐
    暑い日に。あごだしつゆのひんやりあんかけ豆腐 この特集を読む
  5. PR 【PR】チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん
    チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん この特集を読む
  6. PR 【PR】全部レンチン♪「トマトとツナコーンの冷製パスタ」
    全部レンチン♪「トマトとツナコーンの冷製パスタ」 この特集を読む
  7. PR 【PR】夏野菜×カレー!サーモスの取っ手のとれるフライパン
    夏野菜×カレー!サーモスの取っ手のとれるフライパン この特集を読む
  8. PR 【PR】BRUNO crassy+で三連休はお家サムギョプサル!
    BRUNO crassy+で三連休はお家サムギョプサル! この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

ヘルシー×胡麻 (16) 子供×ワンポットパスタ (13) シニア×ミツカンあごだしつゆ (10) アレルギー×黒豆 (3)
もっと見る

「木綿豆腐 デザート 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents