レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【沖縄の定番おやつ】サーターアンダギー

デザート

【沖縄の定番おやつ】サーターアンダギー
  • 投稿日2018/08/24

  • 調理時間20(生地を冷やす時間は除く)

ザクッフワ食感の沖縄風黒糖ドーナッツ! サーター=砂糖 アンダギー=油で揚げる 本来はたっぷりの油で揚げるんですが、今回はお手軽にホットプレート(たこ焼き器)を使って、少ない油でコロコロじっくり揚げ焼きにします。 子供のおやつを一緒に作ったり、パーティーにもオススメですよ。出来立てでも、冷めても美味しいですよ。

材料12~14個分

  • A
    黒糖
    80g
  • A
    1個
  • A
    大さじ3
  • A
    サラダ油
    小さじ1
  • A
    ひとつまみ
  • B
    薄力粉
    200g
  • B
    ベーキングパウダー
    5g
  • サラダ油
    適量

作り方

ポイント

・黒糖を使うことでサーターアンダギーらしいコク深い甘味と濃い揚げ色になります。大きいスーパー等で取り扱っていることがありますよ。 ・レシピの甘さは控えめです。お好みで調整して下さい。

  • 1

    【混ぜる】 ボウルにA 黒糖80g、卵1個、水大さじ3、サラダ油小さじ1、塩ひとつまみを入れ、黒糖が溶けるまで混ぜる。

    工程写真
  • 2

    ❶へB 薄力粉200g、ベーキングパウダー5gを加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜ、冷蔵庫で20分寝かす。 ※粘りがあり、ゆるい生地になります。

    工程写真
  • 3

    【油をひく】 ホットプレート(たこ焼き器)の温度設定を「中」にして、それぞれの穴にサラダ油・小さじ½程度を入れてる。

    工程写真
  • 4

    【揚げ焼きにする】 両手にサラダ油を少量付けて、生地を丸めて揚げ焼きにする。竹串でコロコロと転がす様に全体をじっくり焼き、生地が割れて濃いめのきつね色になったら完成! ※生地の大きさはたこ焼きの穴の½〜⅓程度。膨らむので大きすぎると中まで火が通らない可能性有り。 ※温度が高すぎると中まで火が通らない場合があるので、低温~中温でじっくりと転がしながら焼く。

    工程写真
レシピID

342406

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

サーターアンダギー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

三浦ユーク
Artist

三浦ユーク

料理研究家、キッチン男子部・部長、元寿司職人(アメリカ) テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、企業レシピ考案、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。 メキシコ料理、沖縄料理、お酒にぴったりな肴や料理が得意ジャンル。ニッチな食材を使ったレシピ、手作り調味料にも力を入れています。 料理を作る時のモットーは「調和とアクセント」。全体のバランスを考えつつも、香り・食感・味覚を刺激するアクセントを加えることを意識しています。 「世の中にもっと料理をする人が増えれば、大切な人とのコミュニケーションが増えるし、美味しいものを一緒に楽しむ時間を共有でき、世界は今以上に幸せになるんじゃないか?」という想いから、料理人口を増やすべく啓蒙活動として、おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」を設立、主宰。 料理は表現であり、感動と幸せを提供できる「エンターテインメント」だという想いで活動しています。

「料理家」という働き方 Artist History