レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

レモンクリームカンノーリ

デザート

レモンクリームカンノーリ
  • 投稿日2019/03/19

  • 調理時間35(レモンクリームを冷やし固める時間は除く)

お気に入りに追加

84

イタリア・シチリア島の名物スイーツ「カンノーリ」を餃子の皮でお手軽に。サクッと芳ばしい皮にレモンの爽やかな酸味が効いたクリームが相性抜群です。

材料8人分8個

  • A
    クリームチーズ
    200g
  • A
    砂糖
    大さじ4
  • A
    ヨーグルト
    大さじ3
  • A
    サンキスト®レモン果汁
    1個分(約50ml)
  • B
    50ml
  • B
    粉末ゼラチン
    5g
  • 餃子の皮(大判)
    8枚
  • 適量
  • ピスタチオ
    10粒
  • サンキスト®レモンの皮
    3g
  • ミント
    適量
  • 粉糖
    適量

作り方

ポイント

※ゼラチンを少量のレモンクリームと合わせて加熱することでムラなくレモンクリームに馴染ませることができ、綺麗に固まります。 ※ホイルをきつく巻いてしまうと後で揚げた餃子の皮をホイルから取り出しづらくなってしまうので緩く巻く。

  • クリームチーズは常温に戻す。ピスタチオは砕き、サンキスト®レモンの皮はみじん切りにする。

  • 1

    A クリームチーズ200g、砂糖大さじ4、ヨーグルト大さじ3、サンキスト®レモン果汁1個分(約50ml)を混ぜ合わせてレモンクリームを作る。耐熱容器にB 水50ml、粉末ゼラチン5gを合わせてゼラチンをふやかし、レモンクリーム(大さじ2)を加えて混ぜ、電子レンジで80℃に温めてゼラチンを溶かす。溶けたら少しずつレモンクリームに混ぜ入れ、冷蔵庫で固まるまで1時間冷やす。

    工程写真
  • 2

    ホイルを筒状(直径2cm、長さ餃子の皮の直径より少し長め)に8本成形して餃子の皮を巻きつけ、皮の端に水を付けて留める。

    工程写真
  • 3

    2を油で揚げ焼きにして冷まし、ホイルの両端を潰してひねり出す様にホイルを引き抜く。 ※揚げたらホイルが完全に冷えるまで(5分以上)触らないこと。火傷注意。

    工程写真
  • 4

    固めたレモンクリームを混ぜて滑らかにして3の中に詰める。ピスタチオ、サンキスト®レモンの皮を両端にのせ、粉糖をふりかけ、ミントを散らす。

    工程写真
レシピID

373186

「レモン」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

三浦ユーク
Artist

三浦ユーク

料理研究家、キッチン男子部・部長、元寿司職人(アメリカ) テレビ番組フードコーディネート、料理動画監修、企業レシピ考案、レストランメニュー開発、コラム執筆、料理教室、食イベントへの出演等。 メキシコ料理、沖縄料理、お酒にぴったりな肴や料理が得意ジャンル。ニッチな食材を使ったレシピ、手作り調味料にも力を入れています。 料理を作る時のモットーは「調和とアクセント」。全体のバランスを考えつつも、香り・食感・味覚を刺激するアクセントを加えることを意識しています。 「世の中にもっと料理をする人が増えれば、大切な人とのコミュニケーションが増えるし、美味しいものを一緒に楽しむ時間を共有でき、世界は今以上に幸せになるんじゃないか?」という想いから、料理人口を増やすべく啓蒙活動として、おもてなし料理クリエイター集団「キッチン男子部」を設立、主宰。 料理は表現であり、感動と幸せを提供できる「エンターテインメント」だという想いで活動しています。

「料理家」という働き方 Artist History