レシピサイトNadia
    • 公開日2024/07/05
    • 更新日2024/07/05

    ラクトアイスとは?アイスクリーム・アイスミルク・氷菓との違い

    みなさん「ラクトアイス」と聞いてパッと想像がつきますか? アイスクリームの種類のひとつではありますが、法律によって明確な違いが決められているんです。今回はラクトアイスの特徴を徹底的に解説します!

    このコラムをお気に入りに保存

    51

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    ラクトアイスとは?アイスクリーム・アイスミルク・氷菓との違い

     

    ラクトアイスとは

    ラクトアイスとは、どのようなアイスクリームなのでしょうか。ここでは、ラクトアイスの特徴をご紹介します。

     

    ラクトアイスの基本的な特徴

    ラクトアイスは、アイスクリームの種類のひとつとされます。

    実は、アイスクリームの種類は法律によって明確に種類が決められており、乳等省令(乳及び乳製品の成分規格等に関する省令)によると、ラクトアイスは乳固形分(乳製品の中の水分以外の部分)が3.0%以上と規定されています。

    ほかのアイスクリーム類と比較すると、乳固形分の量が少ないため、さっぱりした味わいなのが特徴です。また、乳脂肪分(乳固形分に含まれる脂肪分)の量に規定がないため、植物油脂を使われることも多く、比較的安価な傾向にあります。

    ラクトアイス

    ラクトアイス成分表

     

    ほかのアイスとの違いは?

    アイスクリームの種類は、乳固形分・乳脂肪分の含有割合によって法律で種類が明確に分かれています。

    アイスクリーム: 乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上
    アイスミルク: 乳固形分10.0%以上、うち乳脂肪分3.0%以上
    ラクトアイス: 乳固形分3.0%以上
    氷菓: 乳固形分3.0%未満

     

    アイスクリーム

    アイスクリーム

    アイスクリーム成分表

    アイスクリームは、乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上と、乳固形分・乳脂肪分ともにアイスクリーム類の中で最も多く、乳製品特有のコクがありリッチな味わいが特徴です。

     

    アイスミルク

    アイスミルク

    アイスミルク成分表

    アイスミルクは、乳固形分10.0%以上、うち乳脂肪分3.0%以上と、アイスクリームよりもややあっさりしています。「濃厚さも楽しみながら、後味はさっぱり楽しみたい」という気分のときにおすすめです。

     

    氷菓

    氷菓

    氷菓成分表

    乳固形分3%未満のものは、乳等省令ではなく食品衛生法の「食品、添加物等の規格基準」により「氷菓」として規定されており、アイスクリーム類とは別に扱われています。アイスキャンディやシャーベットなどが該当します。

     

    ラクトアイスはヘルシー?

    乳固形分・乳脂肪分が低いことから、ラクトアイスは一見ヘルシーに思えますが、そうとも限りません。前述のとおりパーム油をはじめとした植物性の油脂が含まれる場合があり、その場合はカロリーも高くなることがあります。一方で、アイスクリームでも低カロリーの商品もあります。それぞれの成分表示を見ながら判断するようにしましょう。

    今回はラクトアイスをはじめ、さまざまなアイスクリームの種類を紹介しました。これから暑くなる時期、それぞれの特徴を踏まえて、アイスクリームを選んでみてはいかがでしょうか?

    ●Nadiaで人気のアイスクリームレシピはこちら
    \簡単なのに本格的♪/濃厚リッチなバニラアイスクリーム

    キーワード

    このコラムをお気に入りに保存

    51

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    SNSでシェアしよう

    このコラムを書いたArtist

    Nadia編集部
    • Artist

    Nadia編集部

    Nadia編集部では、食や料理、暮らしにまつわるコラムを毎日お届け!  時短簡単レシピからおすすめ献立、最新の食トレンドまで、幅広いテーマでみなさまに役立つ情報をご紹介していきます。

    プロフィールへ
    にゃでぃあのおすすめ!
    「料理家」という働き方 Artist History