レシピサイトNadia

    鯛の煮つけ

    主菜

    鯛の煮つけ

    お気に入り

    90

    • 投稿日2015/03/24

    • 調理時間40

    鯛1匹を左に向け、裏側の半身は鯛めしに。 1匹で2品が出来上がり~ ゴボウにも味がしみ込んで、柔らかく美味しい~

    材料2人分

    • 1匹
    • ごぼう
      120g
    • 昆布だし
      3カップ
    • A
      大さじ4
    • A
      砂糖
      大さじ4
    • A
      醤油
      大さじ4
    • A
      みりん
      大さじ2
    • 少々

    作り方

    ポイント

    煮汁が少なくなったら、焦げ付かないように注意。

    • 鯛の内臓を取り、塩を振って、ザルに載せてお湯をかけて臭みを取る。(霜降り) 味が入るように皮目に切込みを入れる。 ごぼうは皮を削いで、酢水につけておく。

      工程写真
    • 1

      鯛が入るフライパンに昆布だしとAを加えて煮立て、ゴボウを入れて、その上に鯛を入れ、落し蓋をして、中火で煮る。

      工程写真
    • 2

      煮汁を上にもかけながら、煮汁が少なくなるまで煮る。

      工程写真
    レシピID

    126184

    コメント

    送信

    関連キーワード

    赤松真紀子(MAKKO)
    Artist

    赤松真紀子(MAKKO)

    笑顔の食空間演出を食卓に! 料理動画撮影、スタイリング撮影、商品撮影、商品プロデュース コラム連載、テレビ出演、雑誌撮影など。 テーブルコーディネートと、フードのイメージを合わせ、行事や行事食・色をトータルでコーディネートします! 東京ドーム・テーブルウエアフェスティバルに3回入選!「審査員特別賞」受賞2014年 新宿クリナップ・ショールーム展示など、「リクシル様」連載。フリーペーパー連載「ゼクシィーnet.」連載など、執筆活動 スクール講師、自宅にて「お手軽、敷居の低いテーブルコーディネート教室」、出張コーディネート、「M's table」主宰。またモデルルームでのインテリア&テーブル設営など、多方面での活動。和の行事や日本の心を気軽に現代風に楽しみ伝えていくお手伝い。

    「料理家」という働き方 Artist History