レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

おうちでビーフジャーキー

副菜

おうちでビーフジャーキー
  • 投稿日2017/02/28

  • 調理時間60(前日から漬け込む時間は省く)

お気に入りに追加

24

ビーフジャーキーは買うと高くて、ちょっとしか入ってなので、手軽にお家で量産! ビールのおつまみに。添加物も無く安心。 *写真は半量です(鍋の1回分)

材料2人分2人でペロっと食べてました。 ドンとした肉の塊が、うすーく小さくなりますが、味が濃くてビールがすすみます~(*^。^*)

  • A
    牛赤身肉
    400g
  • A
    赤ワイン
    150ml
  • A
    醤油
    大さじ2
  • A
    みりん
    大さじ2
  • A
    メープルシロップ
    大さじ1
  • A
    ニンニクスライス
    1片
  • A
    岩塩
    大さじ1
  • A
    コショウ
    大さじ1
  • 桜チップ
    20g

作り方

ポイント

固めのが好きなら、③のスモークの時に、予熱で置いておく。

  • 赤味肉を冷凍庫に1時間ほど入れておく ジップロックにビックル液を作り、一晩冷蔵庫で浸す。

  • 1

    冷凍庫から出した赤身肉を3~5ミリにスライスし、Aを混ぜた液に一晩浸す。

    工程写真
  • 2

    ①をキッチンペーパーで水けを取り、オーブン天板に並べて、 140℃で20分焼く。

    工程写真
  • 3

    鍋の底に、アルミホイルをクシャッと敷き、そこへ桜チップを入れ、その上にスモークする②を並べて、中火で約10分から15分。 フタを開けた時に、モワッと煙るくらいで、火を消し、フタをしたまま予熱で10分ほど。1つ試食し、乾燥していたら出来上がり。

    工程写真
レシピID

146799

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

おつまみ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

赤松真紀子(MAKKO)
Artist

赤松真紀子(MAKKO)

笑顔の食空間演出を食卓に! 料理動画撮影、スタイリング撮影、商品撮影、商品プロデュース コラム連載、テレビ出演、雑誌撮影など。 テーブルコーディネートと、フードのイメージを合わせ、行事や行事食・色をトータルでコーディネートします! 東京ドーム・テーブルウエアフェスティバルに3回入選!「審査員特別賞」受賞2014年 新宿クリナップ・ショールーム展示など、「リクシル様」連載。フリーペーパー連載「ゼクシィーnet.」連載など、執筆活動 スクール講師、自宅にて「お手軽、敷居の低いテーブルコーディネート教室」、出張コーディネート、「M's table」主宰。またモデルルームでのインテリア&テーブル設営など、多方面での活動。和の行事や日本の心を気軽に現代風に楽しみ伝えていくお手伝い。

「料理家」という働き方 Artist History