レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ご飯がすすむビール泥棒。肉巻きチーズピー

主菜

ご飯がすすむビール泥棒。肉巻きチーズピー
  • 投稿日2021/01/08

  • 調理時間15

夕飯。肴。弁当。どれにもベストマッチな便利レシピ! 肉巻きの基本。伝授します。

材料2人分

  • ピーマン
    4個
  • スライスチーズ
    4枚
  • 豚バラ肉
    8枚(フルサイズ)
  • サラダ油
    大さじ1
  • ひとつまみ
  • 胡椒
    適量
  • 料理酒
    大さじ2
  • みりん
    大さじ2
  • 醤油
    大さじ2

作り方

ポイント

①ピーマンの下処理 ②肉に焼き色をつける ③タレは脂を拭き取ってから

  • 1

    「ピーマン」 スーパーに売ってるフツーの1袋分(4〜5個)で2人分です。

    工程写真
  • 2

    「半分に切る」 まずは半分に。

    工程写真
  • 3

    「ヘタを取る」 そしたら、ヘタのあたりに包丁を入れて。

    工程写真
  • 4

    「ワタを取る」コツ① ここに苦味が多く詰まっているので、包丁で切って細胞破壊を最小限に。

    工程写真
  • 5

    「目指すべき状態」 ってほどでもないんですがこんな感じになったら...

    工程写真
  • 6

    「スライスチーズ」 とろけるタイプでも、フツーのタイプでも、切れてるチーズでも、なんでもOK!

    工程写真
  • 7

    「半分に切る」 チーズ1枚=ピーマン1個分なので。

    工程写真
  • 8

    「折りたたむ」 ピーマンに入る程度の大きさにたたんで。

    工程写真
  • 9

    「目指すべき状態」 こんな感じです。

    工程写真
  • 10

    「豚バラ肉」 長いやつなら、肉1枚でピーマン1/2個分。短い肉なら2枚でピーマン1/2個分。

    工程写真
  • 11

    「巻く」 なるべくキツめに。そして脂身が露出するように。詳しくは動画で。

    工程写真
  • 12

    「目指すべき状態」 できれば巻き終わりはチーズが入っている面に。

    工程写真
  • 13

    「サラダ油」 肉からそこそこ油が出るので大さじ1程度に。でも入れないと肉の脂を誘発できないので必ず入れて。

    工程写真
  • 14

    「並べる」 必ずチーズが入っている面を上にして。まだ火は点けません。

    工程写真
  • 15

    「塩」 下味なので適量で。

    工程写真
  • 16

    「胡椒」 これも下味。

    工程写真
  • 17

    「焼く」コツ② ここで火を点けます。最初は強火。パチパチいい出したら中火に。

    工程写真
  • 18

    「ひっくり返す」コツ② このぐらいしっかり焼き色がついたらひっくり返すよ。

    工程写真
  • 19

    「焼く」コツ② 裏面も同様に。ただし、チーズが溶け出してくるので、様子を見つつ。

    工程写真
  • 20

    「目指すべき状態」コツ② こんな感じの焼き色を目指しましょう。

    工程写真
  • 21

    「脂を拭き取る」コツ③ 超絶キレイになるまでではなく、ざっとでOK!脂を拭き取らないとタレの味が弱く脂っこくなるので

    工程写真
  • 22

    「料理酒」 アルコール系を先に。

    工程写真
  • 23

    「みりん」 これもアルコール系なので先に。

    工程写真
  • 24

    「煮切る」 ここでアルコールを飛ばします。

    工程写真
  • 25

    「醤油」 アルコールが飛んだら醤油を加えて...

    工程写真
  • 26

    「煮詰める」 煮絡めるって言った方がわかりやすいですかね。このままタレが半量程度になるまで。

    工程写真
  • 27

    「目指すべき状態」 こんな感じになったら...

    工程写真
  • 28

    「完成!」 お好みで七味唐辛子をかけて。

    工程写真
レシピID

395583

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

こじまぽん助
Artist

こじまぽん助

料理の「それが知りたかった!」をあなたに。材料が同じでも、テクニックがなくても「作り方ひとつで」確実においしく作れるレシピをご紹介。 料理の「全ての工程には、おいしくなるための理由が必ず存在」しています。動画では、それを誰にでもわかるように解説しています。

「料理家」という働き方 Artist History