Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 脱マンネリ!旨し!豚の“にんにく”焼き!胃袋つかむ系

    脱マンネリ!旨し!豚の“にんにく”焼き!胃袋つかむ系 3分前

    228人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 【ごはんがすすむ!】なすのごま味噌炒め

    【ごはんがすすむ!】なすのごま味噌炒め 5分前

    122人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. 15分・味しみしみ!たっぷりきのことこんにゃくのぽんマヨ炒め

    15分・味しみしみ!たっぷりきのことこんにゃくのぽんマヨ炒め 11分前

    165人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. ペペロン枝豆〜ガーリックペッパー〜【#おつまみ#やみつき】

    ペペロン枝豆〜ガーリックペッパー〜【#おつまみ#やみつき】 14分前

    うーん...私も測ったことがないので、確実なことが言えないのですが、だいたい1片が5gぐらいだと思います(感覚)。なので10gぐらいが目安ですねー!

  5. 絶対美味しいやぁつ♡これはたまらん♡にんにく辛味噌味玉♡

    絶対美味しいやぁつ♡これはたまらん♡にんにく辛味噌味玉♡ 16分前

    143人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

ビーツとりんごのシナモンサラダ

-

2014.03.01

分類

調理時間: 0分

ID112341

** KT **

KT's Kitchen

ビーツとりんご+ナッツ。好きな組み合わせと食べ方です。いつものサラダにシナモン風味を加えてみたらなかなかいけました。

ヘルシー ブランチ 洋風サラダ おもてなし

このレシピをサイトに埋め込む

材料(3~4人分)
ビーツ 中3個
りんご 小1個
●オリーブオイル 大さじ1
●サイダービネガー/りんご酢 大さじ1
●シナモン 小さじ1/4
●塩コショウ 少々
好みのナッツ、刻みパセリ 仕上げに少し
作り方
Point!
イギリスのりんごは手のひらサイズで小さいです。日本の物なら1/2個くらい?ビーツの色が衣服につくと取れないので注意。
  1. ナッツは乾煎りする。ビーツは葉っぱを除いてたわしで擦り洗いをして皮付きのまま茹でる。大きさにより30分前後。
  2. 流水に取って皮を剥く(手で軽く擦るとつるんと取れます。貯めた水の中で扱うと赤い汁が飛びにくいです)。ビーツの皮を剥いたら食べやすくカットする。
  3. りんごは皮を剥いて短い細切りにする。ボウルに●を合わせてビーツとりんごを和える。ナッツとパセリを散らしたら出来上がり。
8 38
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】アートとジャズのある暮らし。
    アートとジャズのある暮らし。 この特集を読む
  2. PR 【PR】暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾
    暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾 この特集を読む
  3. PR 【PR】みんな大好きコーンマヨピザ♪いなば食品のコーン大量活用術
    みんな大好きコーンマヨピザ♪いなば食品のコーン大量活用術 この特集を読む
  4. PR 【PR】おもてなしレシピも♪ チーズで美味しいアスリートごはん
    おもてなしレシピも♪ チーズで美味しいアスリートごはん この特集を読む
  5. PR 【PR】 クッキングシートで成形も便利に!「さつまいもデニッシュ」
    クッキングシートで成形も便利に!「さつまいもデニッシュ」 この特集を読む
  6. PR 【PR】みんなが喜ぶ定番の「昔ながらのナポリタン」
    みんなが喜ぶ定番の「昔ながらのナポリタン」 この特集を読む
  7. PR 【PR】BRUNO crassy+で梅肉のさっぱりタンドリーチキン
    BRUNO crassy+で梅肉のさっぱりタンドリーチキン この特集を読む
  8. 梅雨だる解消レシピ特集!身体が喜ぶさっぱり&スタミナ料理
    梅雨だる解消レシピ特集!身体が喜ぶさっぱり&スタミナ料理 この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

ヘルシー×温野菜 (17) おもてなし×こしあん (15) ブランチ×春雨 (4) 洋風サラダ×鍋 (3)
もっと見る

「ビーツ 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents