Nadia公式アプリ
お気に入り・ランキングがすべて無料

黄飯(きいはん)~名古屋の端午の節句のお祝いご飯

90

2014.08.04

分類

調理時間: 1時間 30分

ID118273

川津由紀子

おうちごはんのレシピ帳

名古屋でも一部の地域に伝わる、こどもの日、端午の節句のお祝いのおこわです。
クチナシで色をつける、赤飯のようなお祝いご飯。

黒豆 おふくろの味 おもてなし 記念日

このレシピをブログで紹介する

材料(6合分)
もち米 6合
クチナシ 5個
日本酒 大さじ1
小さじ1/2
黒豆 1p(250g)
作り方
Point!
食べる時にお好みでごま塩を振ってください。
  1. 黒豆を多めの水につけて1晩置きます。
    黒豆の色を黒くするのに鉄釘、錆びた釘、または
    鉄卵のような鉄製品を入れると色が綺麗に黒く出ます。
    動かしてに崩れてしまうのを防ぐのに
    夜のうちから一緒に鉄も入れておきます。
  2. 翌朝火にかけて、アクをとりながら柔らかくなるまで煮ます。
    たぶん2時間くらい・・・
    最初中火で、沸騰してきたら弱火にして  
    水が少なくなったら足しながら、
    常に豆が水にかぶるようにしておきます。
  3. 柔らかくなったら、そのまま煮汁の中で冷ましておきます。
  4. もち米は洗ったらたっぷりの水につけて
    30分~1時間くらい吸水させます。
    1時間くらいたったらざるにあげて水を切っておきます。
  5. クチナシの色を出します。
    割らないと中から色が出にくいので
    まな板の上で包丁の側面ではさむようにして
    親指の付け根で包丁を叩いて、実を割ります。
    粉々にならない程度に。
  6. ぬるま湯につけて15分くらい置いておくと色が出てきます。
    これを茶こしなどで漉して、このクチナシの水でおこわを炊きます。
    足りない分は水を足します。
  7. 炊飯器にもち米と酒、塩をいれて2の黄色い水を入れる。
    炊飯器の内がまのおこわの6合のところまで。
    足りない分は水を足す。
  8. 炊飯器で炊飯スイッチを押して炊く。
  9. 炊けたら下から返すように混ぜてから
    お重やパックなどに移して余分な水分を飛ばし
    水気を切った黒豆を散らして完成!
コメント Recipe Comment
コメントを書く

コメントをするにはログインが必要です

似たレシピをさがす Similar Recipe

おもてなし×みりん (9) おふくろの味×黒砂糖 (3) 記念日×黒ごま (3) 黒豆×黒豆煮 (3)
もっと見る

関連記事 article

おすすめトピックス Recommended Topics

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents