Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 大根のうま塩♡ナムル風サラダ【#ポリ袋 #大量消費】

    大根のうま塩♡ナムル風サラダ【#ポリ袋 #大量消費】 1分前

    112人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. やみつき♡豚バラ白菜【#包丁不要 #放置 #大量消費】

    やみつき♡豚バラ白菜【#包丁不要 #放置 #大量消費】 2分前

    121人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. ☆ネギ塩ダレとカリカリチキン☆

    ☆ネギ塩ダレとカリカリチキン☆ 5分前

    157人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 簡単!鶏もも肉と山盛りきのこのバタぽん炒め(ダイエットにも)

    簡単!鶏もも肉と山盛りきのこのバタぽん炒め(ダイエットにも) 5分前

    102人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. コクうま濃厚〜♪『チキンのトマトクリーム煮』

    コクうま濃厚〜♪『チキンのトマトクリーム煮』 10分前

    しめじと玉ねぎを入れて作りました!とっても美味しく、リピ決定です(*^^*)

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

ホットデザート♪熱々アップルのチーズクランブル

15
洋風スイーツの
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2014.10.25

分類デザート

調理時間: 15分

ID120664

ヤミー

大変!!この料理簡単すぎかも...3STEP COOKING

レンジでアツアツ柔らかに加熱したリンゴの上に、ボーテ・ブランチーズで作るクランブルをトッピング♪オーブントースターで焼けば、中はジューシーで外はカリカリのホットデザートの出来上がり!
クランブルとはクッキー生地などをそぼろ状にしたもの。通常はバターを使用しますが、個包装のチーズを使ったので計量いらず。そしてチーズ風味に^^りんごとよく合います
寒い時季にどうぞ!

洋風スイーツ マリンフード りんご クリームチーズ ボーテ・ブラン 電子レンジ ブランチ シニア

このレシピをブログで紹介する

材料(直径15㎝の耐熱容器1個分(2~3人分))
りんご  1個
A
グラニュー糖  大さじ1
A
レモン汁  小さじ1
A
シナモンパウダー  小さじ1/4
A
薄力粉  大さじ1
A
アーモンドパウダー  大さじ2
A
グラニュー糖  大さじ1/2
【マリンフード】ボーテ・ブラン 2個
作り方
Point!
*バターや個包装になったクリームチーズでも代用できます。分量は20gです。 *焼いているときに焦げそうだったらアルミ箔をかぶせてください。
  1. りんごはしっかり洗って水気を拭き取り、皮をむかずに1㎝厚さのいちょう形に切り、バター(分量外)を塗った耐熱皿に並べたら、Aを順番にふりかけてラップをかけずに、レンジ(600w)で5分加熱する。りんごが柔らかくなるまで。
    ※果汁が出てくるので容器のサイズによってはあふれることがあります
  2. ボウルにBを入れて混ぜ合わせ、ボーテ・ブランを加えて指先で粉と混ぜながらつぶし、そぼろ状にする。
  3. 1の上に2をふりかけたら、オーブントースター(1000w)で5分焼いて出来上がり!
17 12
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】スイーツを作って適度に糖を摂る
    スイーツを作って適度に糖を摂る"適糖生活"を実践しよう この特集を読む
  2. PR 【PR】スクエアプレートでモダンな食卓を演出
    スクエアプレートでモダンな食卓を演出 この特集を読む
  3. PR 【PR】寒い日にぴったり!体が温まる具だくさんスープジャー弁当の作り方
    寒い日にぴったり!体が温まる具だくさんスープジャー弁当の作り方 この特集を読む
  4. PR 【PR】和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集!
    和洋中に使いやすい海の幸、北海道ほたてレシピ集! この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

マリンフード毎月キャンペーン

似たレシピをさがす Similar Recipe

シニア×無調整豆乳 (9) ボーテ・ブラン×マリンフード (4) りんご×黒こしょう (3) クリームチーズ×鶏ささ身 (3) ブランチ×オードブル (3) マリンフード×私の胡麻いっぱいスプレッド (3) 洋風スイーツ×豆腐生チョコケーキ (3) 電子レンジ×鮭フレーク (3)
もっと見る

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents