Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 5分で完成♡旨味たっぷり♡ほうれん草人参のツナ胡麻和え♡

    5分で完成♡旨味たっぷり♡ほうれん草人参のツナ胡麻和え♡ 39秒前

    117人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 豚バラ白菜のもつ鍋風うま塩スープ煮【#煮るだけ #包丁不要】

    豚バラ白菜のもつ鍋風うま塩スープ煮【#煮るだけ #包丁不要】 1分前

    193人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. むね肉deうま塩チキン【#作り置き #揉んで焼くだけ】

    むね肉deうま塩チキン【#作り置き #揉んで焼くだけ】 2分前

    119人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 甘酸っぱさがたまらない...♪鶏ささみのネギ・マヨあえ

    甘酸っぱさがたまらない...♪鶏ささみのネギ・マヨあえ 2分前

    188人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. 冷めても美味しい♪鶏むね肉のコンソメチーズのパン粉焼き

    冷めても美味しい♪鶏むね肉のコンソメチーズのパン粉焼き 5分前

    107人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

松茸ぞうすい

10
おかゆ、雑炊の
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2013.10.14

分類主食

調理時間: 10分

ID110072

ひな

ひなやのごはん

見た目は地味ですが贅沢この上ない、料亭仕込みの雑炊です。

おかゆ、雑炊 松茸 ヘルシー たい シニア 記念日 敬老の日 簡単レシピ 三つ葉 ブランチ おもてなし

このレシピをブログで紹介する

材料2人分
ごはん 軽く2膳分
鯛のアタマ 1尾分
松茸 1本
1個
適宜
薄口醤油 適宜
適宜
三つ葉 適宜
2リットル
作り方
Point!
鯛のアタマで取る出汁が味を左右します。 血合いをしっかり取り、沸騰後のアクをこまめに取ることが大切。 その際の火加減は強火だと白濁し、弱めの中火だと澄んだ出汁に仕上がります。 多めに作って冷凍保存し、料理のベースに多用してください。
  1. 鯛のアタマ(スーパーや魚屋で売っているアラ)を湯通しして、歯ブラシや竹串を使って流水で血合いなどの汚れを丁寧に取り除く
    ※この行程をしっかり行わないと台無しになります
  2. 鯛のアタマと水、酒を鍋に入れて火にかける
    沸騰してアクが出たらこまめに取る
    弱めの中火にして水が半量になるまで煮詰め、さらしやキッチンペーパーで漉す
    塩をひとつまみ加える
  3. 松茸は石突を包丁で削ぎ落し、半分に切ってから手で細かく裂く
    (裂く前に軽く炙ると香りが引き立ちますが、省いても可)
  4. 小振りの土鍋に2を400〜500cc入れて火にかける
    沸騰したらごはんと松茸の半量を加えて軽く一煮立ちさせる
    塩と薄口醤油で好みの味に整える
  5. 溶き卵を流し入れ、残りの松茸を加え、火を止めて蓋をする
    2〜3分蒸らす
    食べるとき、三つ葉を散らす
4 8
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】実はクリームとも相性抜群!「京風割烹白だし」のレシピ集
    実はクリームとも相性抜群!「京風割烹白だし」のレシピ集 この特集を読む
  2. PR 【PR】生産者こだわりの季節の野菜がたくさん!大阪北部産野菜の簡単&美味しいレシピ特集
    生産者こだわりの季節の野菜がたくさん!大阪北部産野菜の簡単&美味しいレシピ特集 この特集を読む
  3. PR 【PR】冬のおもてなしを華やかに彩るクリスタルの輝き
    冬のおもてなしを華やかに彩るクリスタルの輝き この特集を読む
  4. PR 【PR】冬におすすめ!体を温める食材とお弁当にぴったりなおかず
    冬におすすめ!体を温める食材とお弁当にぴったりなおかず この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

ヘルシー×ポテト (13) おもてなし×たまねぎ (12) シニア×安納芋 (9) 卵×コンビニ (5) おかゆ、雑炊×風邪予防 (3) たい×野菜のおかず (3) ブランチ×アップルパイ (3) 三つ葉×鮭 (3) 敬老の日×鶏胸肉 (3) 松茸×記念日 (3) 簡単レシピ×クーロンキュウ (3) 記念日×黒ごま (3)
もっと見る

「雑炊 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents