Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 5分で味しみ♪『こんにゃくの甘辛きんぴら』【#作り置き】

    5分で味しみ♪『こんにゃくの甘辛きんぴら』【#作り置き】 2分前

    150人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. カリモチ♡じゃがはんぺんののり塩チーズナゲット【#作り置き】

    カリモチ♡じゃがはんぺんののり塩チーズナゲット【#作り置き】 4分前

    139人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. しっとり鶏むね肉とキャベツのカレー炒め

    しっとり鶏むね肉とキャベツのカレー炒め 5分前

    159人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. ピーマン嫌い克服♪ピーマンと春雨の炒め物

    ピーマン嫌い克服♪ピーマンと春雨の炒め物 6分前

    132人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. レンジ&ワンボウル『お惣菜屋さんのあの味♡中華風春雨サラダ』

    レンジ&ワンボウル『お惣菜屋さんのあの味♡中華風春雨サラダ』 6分前

    271人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

赤ワインとバターで大人のパスタ

30

2014.12.13

分類

調理時間: 30分

ID122231

いくみ

アジアンハーブごはん

赤ワインの味をメインにしたかったのでトマトソースなどは使いません。
バターと赤ワインで大人の味♪
クリスマスにいかがですか。

アイデア料理 シーフードミックス おもてなし 記念日

このレシピをサイトに埋め込む

材料(2人分)
ロングパスタ 200g
お好きなシーフード 150g
玉ねぎ(スライス)お好みで 1/2個
ミニトマト 8個
にんにく(みじん切り) 1個分
パセリのみじん切り 少々
●赤ワイン 100cc
@バルサミコ酢 大さじ2
@鶏スープ(ブイヨンキューブも可) 100cc
@塩 小さじ1/3~
@黒コショウ 少々
@ローリエ 1枚
▲赤ワイン 50cc
▲バター 小さじ1X2回
パルメザンチーズ(粉) 大さじ1.5ほど
作り方
Point!
*パスタを茹でる際に1リットルの水に塩大さじ1/2を入れて茹でます。 *4の手順でワインが足りないようならワインを適量追加します。 *今回のシーフードは海老、イカ、牡蠣のオイル漬けを使いましたが、ベーコンや牛スライス肉などでも作れますよ。
  1. ミニトマトは半分に切る。シ−フードは少々炒めて塩コショウをし、器に取り出しておく。
  2. フライパンにバターと刻みにんにくと玉葱を入れて炒め、赤ワインを回し入れて沸騰させ、アルコールを飛ばし@を加え沸騰させる。
  3. ◆トマトを加え火を切っておく。パスタを茹でる。(表示時間の1分前迄)ソースを温めてバターも加えとろ火で保存する。 
  4. 茹で上がったパスタと取り置いたシーフードを弱火にかけたフライパンで合わせ混ぜる。
    器に盛りパセリとチーズを散らします。
2 5
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】スロージューサー1台で食事の幅が広がる!
    スロージューサー1台で食事の幅が広がる! この特集を読む
  2. PR 【PR】「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちを伝える食卓
    「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちを伝える食卓 この特集を読む
  3. PR 【PR】作る時から会話が弾む。BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓。
    作る時から会話が弾む。BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓。 この特集を読む
  4. PR 【PR】洋風おかずにも!「京風割烹白だし」のレシピ集
    洋風おかずにも!「京風割烹白だし」のレシピ集 この特集を読む
  5. PR 【PR】大阪北部産野菜のかんたん&おいしいレシピ特集
    大阪北部産野菜のかんたん&おいしいレシピ特集 この特集を読む
  6. PR 【PR】春の食材でお弁当を華やかに♪旬のアスパラガスとえびのかき揚げ弁当
    春の食材でお弁当を華やかに♪旬のアスパラガスとえびのかき揚げ弁当 この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

おもてなし×パテ (13) アイデア料理×白米 (7) シーフードミックス×魚介 (3) 記念日×黒ごま (3)
もっと見る

「赤ワイン パスタ 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents