レシピサイトNadia

    餃子の皮でつくる焼き小籠包

    主菜

    餃子の皮でつくる焼き小籠包

    お気に入り

    5270

    • 投稿日2017/01/06

    • 更新日2017/01/06

    • 調理時間40

    餃子の皮で作るお手軽な焼き小籠包。 アツアツのうちに召し上がってください。

    材料20個分

    • 豚ひき肉
      120g
    • ねぎ
      20g
    • しょうが(すりおろし)
      5g
    • 醤油
      小さじ1と1/2
    • 小さじ2
    • 砂糖
      ひとつまみ
    • ごま油
      小さじ1
    • 餃子の皮(大判)
      20枚
    • 【ゼラチンスープ】
    • 80cc
    • 鶏ガラスープの素
      小さじ1
    • ゼラチン
      4g

    作り方

    ポイント

    皮が破けないようにだけ注意してください。餡はだいたい10gくらいが目安です。

    • ねぎはみじん切りにする。

    • 1

      【ゼラチンスープを作る】 小鍋に水と鶏ガラスープの素を入れて火にかけ、温まったらゼラチンを加えて良く混ぜ、荒熱が取れたら保存容器などに移し、冷蔵庫に入れます。だいたい1時間くらいで固まります。

      工程写真
    • 2

      【餡を作る】 ボールに豚ひき肉、ねぎ、しょうが(すりおろし)、酒を入れて粘りが出るまで良く混ぜたら、醤油、砂糖、ごま油も加えて混ぜ合わせます。 ここに、固めたゼラチンスープを細かくクラッシュしたものを加え、餡に均等に混ぜ合わせます。

      工程写真
    • 3

      餡を餃子の皮で包んでいきます。20等分した餡を餃子の皮の中心に置き、皮の周辺ぐるりと一周水をつけます。

      工程写真
    • 4

      一か所つまみ、親指を動かさずに人差し指を反時計回りに動かしながら皮をたぐりよせ、ひだをつくります。(逆向きに動かしてもOK.やりやすい方法でやってください。)

      工程写真
    • 5

      最後に上の部分をぎゅっとつまんで完全にふさぎます。穴などが開いているとそこからゼラチンスープが流れ出てしまうので注意してください。

      工程写真
    • 6

      薄く油をぬって熱したフライパンに小籠包をくっつかないように並べます。焼き目がついたら水を50ccほど入れ、蓋をして蒸し焼きにします。水がなくなったら蓋を取り、ゴマ油を小さじ1(分量外)まわしかけて、カリッとさせる。

      工程写真
    レシピID

    145480

    「ゼラチン」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「餃子」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    野島ゆきえ
    Artist

    野島ゆきえ

    フードコーディネーター/飾り巻き寿司1級インストラクター。 3人の男の子のママ。 どのおうちにもある調味料と材料、作りやすいレシピで和食の良さを伝える料理研究家。 食べ盛り、育ち盛りの息子たちの胃袋を満たすレシピを日々考案中! 三男は卵アレルギーがあるため、卵不使用レシピも載せています。 一度にたくさん作れるレシピ、忙しいときに解凍して炒めるだけ、焼くだけでOKの下味冷凍レシピが得意。 お仕事はコラム執筆、雑誌へのレシピ提供、企業向けのレシピ開発、飾り巻き寿司インストラクターとして活動中。 【Blog】http://ameblo.jp/honwakafuwari/ 【Instagram】https://www.instagram.com/yuchan0333/

    「料理家」という働き方 Artist History