炊飯器で抹茶カステラ

25

2017.08.08

分類デザート

調理時間: 25分(※加熱時間を除く。)

ID 182277

豊田 亜紀子

アッコさん家の彩りレシピ アメリカLAスタイル

Nadiaサイト内にある私のレシピ『炊飯器でカステラ』とセットにすれば、デパートで買ったようなプレーンと抹茶の2種のカステラ贈答品セットを作ることができます。母の日、父の日、敬老の日などに活かして下さいませ。

    材料

    (※炊飯器の釜1台分のレシピです。)
    薄力粉  50g
    強力粉  40g
    抹茶  大さじ1
    卵  3個
    三温糖  90g
    はちみつ  大さじ2
    牛乳  大さじ2
    サラダ油  小さじ1

    作り方

    ポイント

    時折、炊飯器の蓋を開けて焼け具合をチェックして下さいね。

    下記のNadia内リンクも参照のこと。
    『炊飯器でカステラ』(プレーンタイプのもの)
    oceans-nadia.com/user/27305/recipe/182275
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. <材料 5.5合炊きの炊飯器用>
      ※『早炊き機能付き』の炊飯器限定レシピです。

      ①薄力粉、強力粉、抹茶は、合わせてふるっておきます。
       
      ②卵は、常温に戻しておきます。
       
      ③耐熱容器に牛乳とはちみつを投入して500Wの電子レンジで40秒ほど加熱してはちみつを溶かし、よく混ぜ合わせておきます。
       
      ④炊飯器の釜の内側全体にキッチンペーパーでサラダ油を塗っておきます。
    2. 大きめのボールに卵を割り入れ、ハンドミキサーで少し泡立ててから三温糖を数回に分けながら投入して白くもったりするまで泡立てていきます。黒く大きな気泡が出なくなるまで、です。
    3. 1に下準備③の牛乳とはちみつを加えて、さらにハンドミキサーで泡立てながらよく混ぜ込んでいきます。
    4. ヘラに持ち替えて、下準備①の粉類を2~3回に分けて投入しながら切るように粉気がなくなるまで混ぜていきます。
    5. 3を下準備④の炊飯器の釜の中に流し込み、軽く底面を台に打ち付けて空気を抜きます。
    6. ふたを閉めて炊飯器の『早炊き機能ボタン』を押します。
      (※『早炊き機能ボタン』はほとんどの炊飯器に付いているはずです。)
    7. 炊き上がって保温表示されたらすぐにもう一度『早炊き機能ボタン』を押して保温になるまで加熱します。これで内部にまで熱が通っているはずです。
       
    8. 炊飯器の釜を逆さまにしてケーキクーラーの上にカステラを出して粗熱を取ってから別皿に移し、乾燥しないようにラップをかけておきましょう。
    9. (※1)手みやげにする部位は、写真のように作ります!

      真ん中の部分を手みやげにします。
      プレーンのカステラとセットでプレゼントすればデパートで買ってきたみたいに見えるし、もらった人も感動してくれることでしょう。
       
      端っこの部分は、あずきとホイップクリームを合わせてトライフルにすると良いですよ!
    38 264

    コメント・感想 Comment

    138466 さん
    2018.07.06 21:16

    すごく簡単で美味しかったです!バニラアイスと一緒に頂いたのですが、まるで和カフェのような気分になれました!

    感想をもっと見る(ログイン)

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「スイーツ 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは