かぶの葉を丸ごと使ったロースト

10

2020.12.01

分類副菜

調理時間: 10分

ID 401866

幸村亜美

ayurvedic recipe

蕪の葉を余さず使い切る為の一品に仕上げました。実だけを使うよりも彩りが鮮やかになり、栄養価も上がります。
アーユルヴェーダ的に熱を加えることで生状態よりも消化力を上げてくれます。
蕪は温性で、味は苦味と渋味。カファやヴァータのバランスをとる質です。
生状態でもいただくことはできますので、少しあたたかくなって来た春に出回っている頃には生のサラダにしてあげても良いと思います。
冬は出来れば火を通してあげましょう。
日本の四季的に寒くなる冬には特に身体をあたためる調理法をおすすめします。消化力が弱っている場合にも。

野菜のおつまみ 野菜のおかず クミンシード かぶの葉 岩塩 オイル

このレシピをサイトに埋め込む

材料2人分
かぶ 3つ
クミンシード 小さじ1
ギー(またはお好みのオイル) 大さじ1
岩塩 小さじ1
50ml
作り方
Point!
蕪の葉の根元は土が詰まっていることもあるので、葉の根元をしっかり洗い流しましょう。
  1. かぶの葉を1cm程残し実を食べやすい大きさに切る。
    葉の部分に土が溜まっていることがあるので、綺麗に洗う。
    葉も同じく3〜4cm幅に食べやすい大きさに切っておく。
    それぞれ火の通りにくい部分から入れるので実・太い茎・葉と分けて用意しておく。
  2. フライパンまたは鍋にギー(またはお好みのオイル)を中火で熱して火が通ったらクミンシードと岩塩を入れる。
  3. クミンシードの周りが小さな気泡でフツフツしてきたら、葉つきのかぶから入れる。
  4. 葉つきのかぶに火が通ったら、太い茎から入れ少し火が通ったら残りの葉も全ていれる。
  5. 水を入れ、蓋をし5分蒸し焼きにする。
2 22
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    似たレシピをさがす Similar Recipe

    野菜のおかず×免疫力アップ (5) かぶの葉×鶏肉 (3) オイル×黒こしょう (3) クミンシード×野菜のおつまみ (3) 岩塩×鶏肉料理 (3) 野菜のおつまみ×鶏胸肉 (3)
    もっと見る

    「かぶ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは