炒めるだけ!万願寺唐辛子とちりめんじゃこの焦がし醤油焼き

5

2021.08.04

分類副菜

調理時間: 5分

ID 418256

旬食料理研究家 久保 たかひろ

ちょうどいい加減の旬食おうちごはん

万願寺唐辛子は、京野菜で有名な辛くないとうがらしです。
大正時代に京都府舞鶴市万願寺で誕生したので、万願寺唐辛子という名前になりました。
全国的には甘長とうがらしという名前の方が有名かもしれません。

青臭くなく、さっぱりと焼くと少し甘みもあり、みずみずしくてパクパク食べれます。
旬は夏場です^^
今回は、醤油のみでシンプルに素材を味わえるレシピにしました!

    材料

    2人分(1人前は万願寺唐辛子3本分を目安にしています。)
    万願寺唐辛子 6本
    ちりめんじゃこ 20g
    ごま油 大さじ1
    醤油 大さじ1
    50ml
    白ごま ひとつまみ

    作り方

    ポイント

    美味しい食べ方は、ちりめんじゃこに味が濃くなっているので、万願寺唐辛子と一緒に食べるとちょうどいい加減の味わいになります。

    ◆代用について
    甘長とうがらしも同じなので代用できます。
    ししとうやピーマンも同じように代用できます。




    1. 万願寺唐辛子に包丁で切れ目を少しいれておく。
      ※焼いている時に、破裂して飛び散ることを防ぐためです。
    2. フライパンにごま油:大さじ1と、万願寺唐辛子:6本、ちりめんじゃこ:20gを入れて、中火で焼いていく。
    3. 焼き目がついてきたら、醤油:大さじ1を入れてからめる。
      ちょっと醤油が焦げた感じなってきたら、水:50mlを加える。
    4. 水分がなくなってきたくらいが出来上がり。
      器に盛り付けて、白ごまをひとつまみかける。
    1 21

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    ※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

    お気に入り度

    レシピの関連キーワード Keywords

    焼き野菜 フライパン おつまみ ヘルシー カルシウム おうちごはん ちりめんじゃこ 万願寺唐辛子 包丁不要 ビールに合う 季節料理 日本酒に合うおつまみ 時短 ごま油 焼きもの 白ごま 短時間 簡単 簡単レシピ 簡単おつまみ 野菜 野菜のデリ 野菜のおつまみ 野菜料理

    このレシピをサイトに埋め込む

    「焼き野菜 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは