レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

お肉ごろごろ♡なすとズッキーニのボロネーゼ

主食

お肉ごろごろ♡なすとズッキーニのボロネーゼ
  • 投稿日2021/06/01

  • 調理時間20

お気に入りに追加

168

スパゲティを茹でてる間に ボロネーゼソースが出来ちゃう♪ 即席ボロネーゼです。 素揚げした茄子、ズッキーニが とーってもジューシ〜♪ フライパンに焼き付けた肉々しいボロネーゼソースは食べごたえ抜群です!! 素揚げとボロネーゼソースは 同じフライパンで出来るので とっても楽チン♪ ソースにはお塩を入れない! 本場イタリア流レシピです(*^^*)

材料4人分

  • 豚ひき肉
    150g
  • なす
    1本
  • ズッキーニ
    1/2本
  • トマト
    1/2個
  • にんにく
    1片
  • スパゲティ
    400g
  • トマト缶
    300g
  • 50ml
  • スパゲティの茹で汁
    お玉2杯
  • EXバージンオリーブオイル
    大さじ1
  • 粉チーズ(パルメザンチーズ)
    適量
  • バジルの葉
    適量

作り方

ポイント

■お野菜は素揚げしていますが、気になる方は少なめの油で火を通してももちろんOKです。 ■トマトソースは中火で煮詰めましょう。強火で煮詰めると、油とトマトソースが分離してしまい、ドロッとした美味しいソースができません。 ■スパゲティの茹で汁を加えることで、ソースに塩味ととろみをつけています。 ■チーズは、削ったパルメザンチーズが香りがオススメ良くオススメです♪

  • 1

    にんにくは包丁の腹に体重をかけて上から潰す。 ※そうすると簡単に皮が取り除けます。

    工程写真
  • 2

    なす、ズッキーニは5ミリ程度の輪切りにする。 トマトはざく切りにする。

    工程写真
  • 3

    フライパンにサラダ油大さじ3(分量外)を中火で熱して、ズッキーニとなすを色よく素揚げにする。 焼き色が付いたら油を切り、軽く塩をする。 ※油跳ねしない様に、水気をよく拭いてておきましょう。

    工程写真
  • 4

    3のフライパンをキッチンペーパーで大さじ1程度の油が残る程度にきれいにする。 弱火でにんにくを入れて、香りがたったら豚ひき肉を加える。

    工程写真
  • 5

    強火にして豚ひき肉をフライパンに焼き付ける。 この時、ひき肉に焼き色がつくまであまり触らないこと。

    工程写真
  • 6

    ひき肉に焼き色が付いたら、木べら等でひっくり返す。 肉の塊を作るイメージで木べらを縦にして、ひき肉を分ける。

    工程写真
  • 7

    トマトを加えて軽く焼き付ける。 ※焼き付けることでトマトの酸味が減り、旨味&甘味が増します。

    工程写真
  • 8

    酒を加えて強火にし、アルコール分を飛ばす。 アルコールが飛んで、ソースの泡が大きくなり、ふつふつとなってきたら、トマト缶を加える。 少しずらしてして蓋をして、中弱火で10分程度煮詰める。 ソースがどろっとして、煮詰まったら火を止める。

    工程写真
  • 9

    たっぷりのお湯を沸かし、お湯に対して1%の塩を加え、スパゲティを茹で始める。 茹でてる際に、スパゲティの茹で汁(お玉2杯分)を取っておく。

    工程写真
  • 10

    スパゲティが茹であがったら、ザルに上げる。 フライパンにスパゲティとスパゲティの茹で汁を加えて、強火にする。 EXバージンオリーブオイルを加えて、フライパンをゆすりながら全体を混ぜ合わせる。 ※写真のようにソースがドロッとしていて、とろみがつく状態がベストです。

    工程写真
  • 11

    スパゲティを器に盛り、素揚げしたなす、ズッキーニを飾る。 仕上げに粉チーズ(パルメザンチーズ)をたっぷりかけ、バジルの葉をちぎってちらし、EXバージンオリーブオイル大さじ1(分量外)を回しかける。

    工程写真
レシピID

413874

「バジル」の基礎

「スパゲッティ」の基礎

「パスタ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

トマトソース」「パスタ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

カリニ彩
Artist

カリニ彩

プロフィールご覧いただき ありがとうございます♡ 幼少期からイタリア、イギリス、ブラジルに住んできました。昔から食べることが大好きで、海外で出会ったお料理を家庭料理にアレンジするのが趣味かつ楽しみになっていました。 現在はイタリア人の夫と、小さな子ども達4人と日本で暮らしています⭐︎ 子どもがまだ小さいので、色々な食材を健康的に食べてもらえたら…と、考えながらお料理しています。 毎日お料理するのは本当に大変。 でも、美味しい!と言って自分が作ったものを食べてもらえると、嬉しいしやる気も出ますよね。 料理を作ることが、少しでも楽しみに変わるようなお料理をご紹介できたらと思っています。   ■プロフィール 小学生を数年間イタリア・ミラノで過ごし、イタリアという国や文化に魅了されました。 イタリア語・文化をしっかり学ぶたい!という小さい頃からの思いが消えず、大学在学中にイタリア・ボローニャ大学に交換留学。 現地で食べた数々の本場のイタリアンに感激… そこで出会ったイタリア料理を自宅で再現したり、食べ歩いたり。。。 留学中はイタリア料理にどっぷりハマりました。 大学卒業後はSEとしてイギリス、ブラジルのプロジェクトに参加。イギリス、ブラジルは色々なオリジナリティーの人々が集まる国だったのでお料理も多国籍! 食材の使い方など、とても勉強になりました。 その後イタリア人の夫と結婚し、イギリスに数年暮らし、第一子も英国で出産。 夫のマンマの本場イタリアンはやっぱりとっても美味しい…! ■Instagram ⇒⇒⇒felicehippo

「料理家」という働き方 Artist History