レシピサイトNadia

    暑さでへばった体にちょうどいい「とうもろこしとシラスの釜飯」

    主食

    暑さでへばった体にちょうどいい「とうもろこしとシラスの釜飯」

    お気に入り

    24

    • 投稿日2022/08/27

    • 調理時間10(※調理時間は浸水や炊く時間を除いています。)

    まだまだ残暑が厳しく暑い日がありますが、弱った胃などを元気づけてくれて食べやすい釜飯(炊き込みご飯)を意識してレシピを作ってみました。体にたまった湿も一緒に取り除いてくれることも期待して、しらすもたくさん入れてみたら、なんだか単純にさっぱりした美味しい釜飯に。夏の暑さにまいった体に染みわたるこのレシピ、ぜひお試しくださいませ。

    材料2人分※一合分になります。人数は1~2人分で想定しています

    • 1合
    • とうもろこし
      1/3本(110gくらい)
    • ズッキーニ
      40g
    • しらす
      30g
    • バター
      8g
    • A
      白だし
      大さじ1
    • A
      小さじ1/2

    作り方

    ポイント

    とうもろこしは芯ごと入れて炊き込む方が美味しいですが、粒のみの缶詰の場合は40~50gでお試しいただければと思います。あとは味重視ですが粗びきコショウをかけても美味しかったですよ。

    • ズッキーニは角切りにし、とうもろこしは1/3サイズくらいに切る。米は洗い、浸水しておく。

    • 1

      【釜の場合】:浸水した米を釜に入れてから、水を160~180mlくらいを目安に(お好みで)注ぐ。A 白だし大さじ1、塩小さじ1/2の調味料を加えて軽く混ぜ、とうもろこし、ズッキーニ、しらす、バターの順番にのせて、炊飯する。 【炊飯器の場合】:浸水した米を釜に入れてから。A 白だし大さじ1、塩小さじ1/2の調味料を加えて、とうもろこし、ズッキーニ、しらす、バターの順番にのせて一合分の目盛りまで水を入れて軽く混ぜ、炊飯する。

    • 2

      炊きあがったらとうもろこしを取り出し、粒を芯から包丁でそぎ落とす。そぎ落とした粒を釜に入れ、底からひっくり返すようにふわっと混ぜ、蓋をして10分蒸らしたらできあがり。

    レシピID

    443614

    「とうもろこし」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    カマドン釜飯
    Artist

    カマドン釜飯

    2019年くらいに炊飯器を失ったことをきっかけに、釜飯の手軽さに目覚め淡々とレシピを考え作り配信、美味しい釜飯ができたらニヤニヤが止まらないカマドンと申します。 薬膳関連も興味があり薬膳コーディネーターの資格取得。上位の資格を狙いながら少しずつ薬膳を組み込んだレシピも作っていきたいと思います。 いろいろ枠にはまらないよう挑戦してみるので 日々の食卓アイデアの足しにご覧いただけると嬉しいです。 釜飯しかない運営サイト https://kamadon.online/

    「料理家」という働き方 Artist History