レシピサイトNadia
    飲み物

    ◆ハチミツ柚子酒◆ じんわり染みる和の香りが人気のレシピ

    • 投稿日2012/12/13

    • 更新日2012/12/13

    • 調理時間60

    お気に入り

    37

    ユズは胃腸の調子を整え、体を温め、疲労回復にも良い日本の和ハーブ。 普通の柚子でも同じように作れます。 無農薬の庭で育てた「花柚」の実で作るこのユズ酒はナチュラルで砂糖より糖質(GI値)の低いハチミツ入り。 まろやかさが友人たちにも好評。

    材料1升分

    • ホワイトリカー 35°
      1.8リットル
    • 柚子の実
      1.2kg((レシピでは花柚を使用))
    • ハチミツ
      400g

    作り方

    ポイント

    果皮に香りのモト(精油成分)が含まれるが、皮は長期間漬けていると苦味が強くなるので、 10日位で必ず先に出すため、だし用パックに入れてから漬けると取り出しが楽です。 漬け込まずに残った皮は、刻んで冷凍したり干して保存すれば料理に使えます。

    • 1

      柚子の実はぬるま湯か水に漬け、スポンジで優しく洗い 表面の汚れを落としてザルなどにあげ、 1玉ずつペーパータオルで水気を拭く

      工程写真
    • 2

      ワタは苦味が強いので、果皮は、白いワタの部分を果肉側に残し、 皮にあまりつかないように包丁で薄くむく (リンゴのようにクルクルむいたほうがワタが残りにくい)

      工程写真
    • 3

      むいた皮のうち5~6割程度(花柚30個使用なら15個分など)を果肉と一緒に果実酒に漬け込むので、 果皮に少し残った白い部分も、目立つ所は 包丁の刃元などで出来るだけ取り、ダシパックなどに入れる

      工程写真
    • 4

      白いワタの部分をむき、果肉がむき出しになる状態にする。 花柚は小さいので丸ごと漬けるが、普通の柚子の実なら横1/2に切ってから漬ける (写真のような六方むきでなく、果皮と同じようにクルクルむいても良い)

      工程写真
    • 5

      果実酒用の容器に「むいた果肉」「ダシパックに入れた果皮」 「ハチミツ」「ホワイトリカー 35°」を入れて漬ける

      工程写真
    • 6

      7日~10日後、果皮の入ったダシパックを取り出す。 この時、果皮の香りと黄色い色は果実酒に出ている。 果皮を長期間漬けると、どんどん苦味が強くなるので 10日以内に取り出す。

      工程写真
    • 7

      菜箸などで底に溜まったハチミツをゆっくり混ぜて溶かし、 3ヶ月以上漬ければ出来上がり。 気になるかたは、3ヶ月で果肉を取り出し、漉して保存しても

      工程写真
    レシピID

    807

    質問

    作ってみた!

    こんな「果実酒」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    宮本 明美 (らいむ)
    • Artist

    宮本 明美 (らいむ)

    ◆調理師 ハーブインストラクター 料理教室主宰◆ハーブに恋する お家ごはん研究家◆ ヘルシーでバランス良く、おいしい《お家ごはん》で心も体も元気に! をモットーに、東京の自宅で【料理教室シトラスブーケ】主宰。 「ハーブ&スパイスでおもてなし料理」「お家で楽しめるタイ料理」クラス。 無農薬・有機肥料で育てる百数十種類のハーブと、 自家製ハーブティーがお迎えする癒しのレッスン開催。

    「料理家」という働き方 Artist History