Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 小松菜と春雨のさっぱり♡和風チャプチェ【#簡単 #時短】

    小松菜と春雨のさっぱり♡和風チャプチェ【#簡単 #時短】 5分前

    226人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 鮭ときのこのクリームスープ

    鮭ときのこのクリームスープ 10分前

    144人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. ねぎ塩豚バラ。

    きよみんーむぅさんがレシピを投稿しました!1時間前

  4. とろ~りチーズまみれのナスのパルミジャーナ

    曽布川優子さんがレシピを投稿しました!1時間前

  5. ズッキーニと豚の冷しゃぶサラダ 梅だしドレッシング添え

    仁美さんがレシピを投稿しました!1時間前

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

豚ひき肉のはさみ焼き

20

2018.05.06

分類主菜

調理時間: 20分

ID281728

津久井 美知子 (chiko)

Chikoの楽しい食卓

今日は豚ひき肉のはさみ焼きを
油揚げで作ります(((^-^)))

食べやすい大きさと
お好みのタレでお召し上がりください!

冷めても美味しいのでお弁当のおかずにも適しています。
多めに作って冷凍しても美味しくいただけます。

[冷凍保存の場合…焼く手間でラップに1つづつ包んで、冷凍保存で1ヶ月保存可能です。解凍をしっかりとしてから焼いてお召し上がりください。]


ごま油 おつまみ 鶏ひき肉 たれ ネギ 蒸し焼き 節約 簡単レシピ 胡椒 からし ビールに合うおつまみ フライパン 万能 お弁当 豚ひき肉 ウスターソース お肉のおかず 簡単 もう1品 ポン酢 油揚げ にら マヨネーズ ひき肉

このレシピをブログで紹介する

材料4人分
油揚げ 4枚
豚ひき肉 150g
にら 3~4本
A
塩・こしょう 少々
A
鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1
A
小さじ2
A
しょうがすりおろし チューブ3cm
A
しょうゆ 小さじ1
A
ごま油 小さじ2
油揚げの端のみじん切り 4枚分
ポン酢 適量
万能ねぎの小口切り 適量
作り方
Point!
✤油揚げにはさむ豚ひき肉ダネは1cmくらいの高さに伸ばして均等にしてください。 ✤フライパンに油はひかずに油揚げから出る油で焼きます。 ✤鶏ひき肉でも代用できます。(少しパサパサするので、マヨネーズを大さじ1加えて混ぜ合わせると柔らかくなります。)
  1. ペーパータオルで油揚げの余分な油を1枚づつ吸わせます。
  2. 工程❶の油揚げの3辺を1cm幅(黒線の部分)で周りを切り落として、開きます。
  3. ニラは5mm幅に切り、油揚げの端をみじん切りにします。
  4. ボールに豚ひき肉とにらと油揚げの端のみじん切りを入れ、A

    塩・こしょう 少々、鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1、酒 小さじ2、しょうがすりおろし チューブ3cm、しょうゆ 小さじ1、ごま油 小さじ2

    を入れて混ぜ合わせます。
  5. 工程❹を4等分に分けて、開いた油揚げの片面に広げます。片面をかぶせて軽く抑えます。
  6. フライパンを中火でよく熱して、工程⑤を並べます。両面がキツネ色になったら、弱火にしてふたをして5分~6分間蒸し焼きにします。

    ペーパータオルでフライパンをきれいに拭いて、もう2枚を同様に焼きます。
  7. 食べやすい大きさに切り分けて、お皿に盛り付けして出来上がりです。

    ◎つけダレ…今回はポン酢に万能ねぎの小口切りを入れました。
    辛子しょうゆやマヨネーズやウスターソースなどで食べても美味しくいただけます。
感想を伝える! Comment
感想を伝える!

感想を伝えるにはログインが必要です

似たレシピをさがす Similar Recipe

簡単×ホットケーキ (15) フライパン×ドライフルーツ (6) お弁当×雑穀 (5) おつまみ×おひたし (4) お肉のおかず×魚介のおかず (3) からし×食物繊維 (3) ごま油×黒ごま油 (3) たれ×麺類 (3) にら×麻婆豆腐 (3) ひき肉×鶏挽き肉 (3) もう1品×鍋 (3) ウスターソース×鶏肉料理 (3) ネギ×黒酢 (3) ビールに合うおつまみ×麻婆豆腐 (3) ポン酢×麺類 (3) マヨネーズ×麺 (3) 万能×鶏ひき肉 (3) 油×#スローカロリーシュガー #適糖生活 (3) 油揚げ×鶏胸肉 (3) 節約×麹 (3) 簡単レシピ×麺つゆ (3) 胡椒×麺 (3) 蒸し焼き×黒酢 (3) 豚ひき肉×黒酢 (3) 酢×黒糖 (3) 鶏ひき肉×鶏バーグ (3)
もっと見る

「豚ひき肉 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents