レシピサイトNadia

    お酒もごはんも進む!甘辛レバーの唐揚げサラダ

    主菜

    お酒もごはんも進む!甘辛レバーの唐揚げサラダ

    お気に入り

    102

    • 投稿日2019/04/20

    • 調理時間30

    苦手も多いレバーも家だとしっかり完食してくれるのが、このから揚げサラダです。臭みをしっかりとって甘辛仕立て。ごはんのおかずにも、お酒のおつまみにもおすすめです。

    材料4人分

    • 鶏レバー
      200g
    • 水菜
      1/2株
    • 適量
    • A
      醤油
      小さじ2
    • A
      小さじ1.5
    • 片栗粉
      適量
    • B
      醤油
      大さじ1
    • B
      砂糖
      大さじ2/3
    • B
      本みりん
      大さじ1/2
    • B
      すりおろししょうが
      小さじ1
    • C
      ごま
      大さじ1/2
    • C
      一味唐辛子
      少々

    作り方

    ポイント

    ※塩もみ・洗いは臭み抜きの工程なので省かずに処理してください。 ※キッチンペーパーで拭く際に、血抜きの終わった血管にも水分が溜まっていることが多いです。しっかりと拭き取るか、小さめに切って拭き取ることで油はねを防げます。

    • ・鶏レバーは筋などをしっかりととり掃除し、お好みの大きさに切り分けます。 ・水菜は洗って水気を切り、食べやすい長さに切ります。

      工程写真
    • 1

      たっぷりの塩を振り、よく揉んで浸る程度のたっぷりの水を入れて10分置き、血抜きをします。 ※塩はたっぷり振ります。

      工程写真
    • 2

      (1)を真水で水が透き通るまで数回水をかえて洗いザルにあげます。

      工程写真
    • 3

      キッチンペーパー数枚でしっかりと水を拭き取ります。 ※血抜きの終わった血管にも水分が溜まっていることが多いです。しっかりと拭き取るか、小さめに切って拭き取ることで油はねを防げます。

    • 4

      (3)をA 醤油小さじ2、酒小さじ1.5に10分漬け込みます。

      工程写真
    • 5

      B 醤油大さじ1、砂糖大さじ2/3、本みりん大さじ1/2、すりおろししょうが小さじ1を深めの耐熱皿に合わせて入れ、ラップをせずに600wのレンジで20〜30秒温め、C ごま大さじ1/2、一味唐辛子少々を入れ軽く混ぜ合わせます。 ※温めた後は、唐揚げを揚げるフライパンの隣に準備しておきます。

      工程写真
    • 6

      下味をつけたレバーに満遍なく片栗粉をまぶし、フライパンに分量外の油1cmを入れ、並べ入れます。並べ入れてから中火にかけ、全体にこんがりとするまで返しながら揚げ焼きにします。

      工程写真
    • 7

      揚がったものから順にB 醤油大さじ1、砂糖大さじ2/3、本みりん大さじ1/2、すりおろししょうが小さじ1に漬け込みます。

    • 8

      水菜を器に盛ります。

      工程写真
    • 9

      漬け込んだ鶏レバーを盛り、お好みでマヨネーズをかけてできあがりです。

      工程写真
    レシピID

    374943

    「水菜」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    鶏レバー」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    奥山 まり
    Artist

    奥山 まり

    ℍ𝕆𝕂𝕂𝔸𝕀𝔻𝕆 𝔽𝕠𝕠𝕕 𝕕𝕚𝕣𝕖𝕔𝕥𝕠𝕣 身近な素材や調味料を使ってシンプルに、 『笑顔が見られるおうちご飯🍚』モットー✨ 基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】ひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです✨ 乳がんサバイバー3年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始めた君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

    「料理家」という働き方 Artist History