レシピサイトNadia
    調味料

    基本のいちごジャム。ごろごろ果実感!砂糖控えめ。

    • 投稿日2018/05/08

    • 更新日2018/05/08

    • 調理時間40(砂糖に漬ける時間は除く)

    手作りのいちごジャム。 丸ごといちごを鍋にたっぷり入れて煮詰めていきます。 いちごの果実感が贅沢なごちそう。パンに塗っても、ヨーグルトに入れても♪ 砂糖は控えめになっているので、お好みに合わせて調節してください。

    材料

    • いちご
      1kg
    • 砂糖
      300g
    • レモン汁
      小さじ1

    作り方

    ポイント

    砂糖の一部をはちみつやデーツシロップにかえても、コクが出ておいしいですよ!

    • 1

      いちごは水で洗い、ヘタを取り除く。鍋にいちご、砂糖、レモン汁を入れて混ぜ、30分ほど置いておく(いちごから汁が出てきます)。

      工程写真
    • 2

      鍋を強火にかけ、混ぜながら煮る。アクが出たら取り除く。水分が減り煮詰まってきたら、木べらでいちごを適当に潰して火を止める。

      工程写真
    レシピID

    283127

    質問

    作ってみた!

    • たいママ
      たいママ

      2019/12/20 16:46

      自分好みの甘さのジャムが出来ました^ ^ 質問ですが、手作りしたジャムの賞味期限はどのくらいでしょうか?

    こんな「ジャムの作り方」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「基本・定番」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    いがらしかな
    • Artist

    いがらしかな

    プラントベース料理家

    プラントベース料理家。早稲田大学卒業後、旅行会社にて広報・プロモーション企画を4年間担当。結婚を機に農家で2年ほど野菜作りに携わる。その後、旬の野菜をいかしたレシピを発信する野菜料理家として活動。企業のレシピ開発(レシピ考案からスタイリング、撮影まで)を多数担当。 現在は、健康にも環境にも動物のためにも良い、プラントベースやマクロビオティックの料理を発信。マクロビオティックスクールジャパンのレベル1(70時間)を修了し、レベル2を受講中。プラントベースフードアドバイザー、野菜コーディネーター、食品衛生責任者の資格保有。 料理写真に魅了され、料理写真講座の講師や料理撮影も行う。

    「料理家」という働き方 Artist History