注目ワード南蛮漬けこんにゃくひじきささみピーマン

さっぱり味の箸休め的一品。
きゃべつの梅じゃこあえ

がっつり味のおかずに合わせたい、梅味のおかず

葉物野菜の代表、きゃべつは冷蔵庫の定番野菜。さっぱりとしていてクセのない味なので、毎日お弁当に入れても大丈夫です。

今回は梅干しと合わせて、さっぱり食べやすい味に。がっつり系のおかずのときにも合わせやすいですし、日々のごはんの一品にもなりますよ。

材料(2人分)

  • キャベツ …… 200g(約葉4枚分)
  • 梅干し …… 10g
  • ちりめんじゃこ …… 10g
  • しょうゆ …… 小さじ1

作り方

1. きゃべつを食べやすい大きさに切る。梅干しは種を取り、包丁でペースト状に刻む。
2-a. きゃべつを耐熱の容器に入れ、ラップをかけて約5分加熱する。
2-b. ゆでる場合は、たっぷりの水を鍋に入れて火にかけ、沸騰したらきゃべつを入れる。再沸騰したら、ざるにあげて冷ます。
3. ペースト状の梅干し、ちりめんじゃこ、しょうゆを混ぜ合わせ、調味液を作っておく。きゃべつをボウルに入れ、調味液を加えてよく混ぜ合わせる。

さっぱり味のおかずは、毎日入れても飽きがこない!

梅干しを使ったさっぱり味のおかずは、油で揚げたメンチカツや、肉を炒めたこってり味とベストマッチ。パンチのあるおかずのよい箸休め的な存在になります。

クセのない味なので、毎日お弁当に入れても飽きません。ぜひ多めに作って活用しましょう。

お弁当のあと一品。野菜ひとつでできる「作り置き」ページへ戻る

このレシピを「お気に入り」に入れる

特集TOPに戻る
川崎利栄

レシピを紹介してくれた人

川崎利栄さん

フォトスタイリスト&フードプランナー、フードスタイリスト
岸和田市在住(アトリエFood Planet主宰)
フードコーディネーター講師に従事し、カフェ、ダイニング、料理スクールの立ち上げ、プランニング、料理写真の提供の経験を経て地元にアトリエを構える。
2014年彩誉ブランド推進委員として地元の食の発信に携わる。
お弁当作りはライフワークであり、これまで延べ5,000個以上を制作。
レシピ制作はもちろん、レシピ再現、撮影まで一貫して自身で行っている。
■書籍
・遊タイム出版 お弁当に!パーティーに!おいしく簡単ロール寿司(レシピ・写真提供)
・日東書院 みんなのOh!Bento(お弁当ライフ掲載) ほか

川崎さんのレシピを見る

Follow us


Facebook

Twitter

ページの先頭へ