レシピサイトNadia

    食べてびっくり♡これはハマる♡厚揚げのピリ辛スイチリ丼♡

    主食

    食べてびっくり♡これはハマる♡厚揚げのピリ辛スイチリ丼♡

    お気に入り

    299

    • 投稿日2019/03/12

    • 調理時間5(半熟たまごを作る時間は入っていません。)

    元々はスイートチリソースを使い切りたくて考えたレシピです(笑) 本当は冷凍してある肉類で作る予定でしたが解凍する時間がなく… 何か肉類の代わりに使える食材はないか… とひらめいたのが厚揚げでした(笑) 半熟たまごはお好みで付けるので 半熟たまごを作る時間は入っていません♡ すぐ出来なのに激うま♡ 是非作ってみて下さい♡

    材料2人分

    • 厚揚げ
      1袋(小さめ4個)
    • ご飯
      2杯分
    • A
      玉ねぎ(みじん切り)
      ¼個くらい
    • A
      スイートチリソース
      大さじ2
    • A
      醤油
      大さじ2
    • A
      みりん
      大さじ1
    • A
      蜂蜜
      大さじ1
    • 半熟たまご
      2個

    作り方

    ポイント

    ◯厚揚げはお好みの大きさに切って大丈夫です。 ◯必ずタレが厚揚げに絡むよう片栗粉をしっかりまぶしてから焼いて下さい。 ◯半熟たまごの代わりに温泉たまごをのせても美味しく食べれます。

    • とくにありません。

    • 1

      A 玉ねぎ(みじん切り)¼個くらい、スイートチリソース大さじ2、醤油大さじ2、みりん大さじ1、蜂蜜大さじ1を混ぜ合わせて置きます。

      工程写真
    • 2

      厚揚げは余分な油をキッチンペーパーで取り…

      工程写真
    • 3

      厚揚げを好きな大きさに切り片栗粉(分量外)を厚揚げ全体にまぶします。 私は厚揚げを縦に4等分しました。

      工程写真
    • 4

      温めたフライパンにごま油(分量外)を適量入れ両面に焼き色がつくまで焼きます。

      工程写真
    • 5

      焼き色がついてきたら A 玉ねぎ(みじん切り)¼個くらい、スイートチリソース大さじ2、醤油大さじ2、みりん大さじ1、蜂蜜大さじ1を入れて厚揚げに絡めます。

      工程写真
    • 6

      お好みのお皿又はどんぶりにご飯を入れてA 玉ねぎ(みじん切り)¼個くらい、スイートチリソース大さじ2、醤油大さじ2、みりん大さじ1、蜂蜜大さじ1を絡めた厚揚げを並べ フライパンに残ったA 玉ねぎ(みじん切り)¼個くらい、スイートチリソース大さじ2、醤油大さじ2、みりん大さじ1、蜂蜜大さじ1を煮詰めて厚揚げに回しかけたら出来上がり♡

      工程写真
    • 7

      半熟たまごはお好みで付けて下さい。 半熟たまごのレシピは 沸騰した鍋におたまを使ってたまごを1個1個入れ7分加熱します。 7分経ったら冷水を入れたボウルにおたまを使ってゆでたたまごを1個1個入れて3分置きます。 3分後冷水の中で殻をむいたら出来上がり♡

      工程写真
    レシピID

    373458

    このレシピが入っているArtist献立

    「厚揚げ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    厚揚げ」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    美桜
    Artist

    美桜

    料理家♡ 食材を無駄なく使う事をモットーにレシピを考案しています♡ 捨ててしまいがちな食材にこそ栄養と旨味がたっぷりと詰まっているのでその食材の良さを活かせるように工夫しています♡ 3人の子育て中なので忙しい毎日でも栄養を考え時短で作れるレシピも提供しています♡ 【胸様レシピ】考案中です🤗 ─────────────   《只今コメントへの返信お休み中です🙇💦》 いつも沢山の温かいコメントやいいね・お気に入りを下さる皆様♡♡♡ 本当にありがとうございます!! その1つ1つに毎日励まされ 私のエネルギーになっております🙇 現在返信等中々出来ない状況ですのでこちらにて失礼します🙇 ✔レシピに対する質問等は お時間あいてしまう事もありますが💦 お答えしております🙇 ───────────── 毎日更新中↓ Instagram★chakichaki52 ブログ★https://ameblo.jp/yyy3052/

    「料理家」という働き方 Artist History