注目ワードキャベツ×ひき肉オムライスなめこさつまいも×スープスイートチリソース

Artist History

「美味しいね!」と家族みんなで食卓を囲みたい

#19 平野信子

「美味しいね!」と家族みんなで食卓を囲みたい

NadiaのArtistにスポットを当て、ここでしか聞けない裏話や料理研究家さんの想いをお送りする「Artist History」。今回は、8歳と6歳の二児の母でもあり、フリーランスの管理栄養士として活躍している平野信子さんをご紹介します。いつも家族が笑顔になれるような美味しい料理を提案してくれる平野さんに、ここまでの道のりや、管理栄養士としての想いをお聞きしました!

2019.10.31 update

栄養面にしか興味がなかった私が料理を好きになった理由

hirano

実は私、小さい頃はちょっとぽっちゃりだったんです。体形をからかわれて嫌な思いをすることもたくさんありましたし、小学生の頃には保健室から太りすぎ注意の手紙までもらうほどに…。あまりのショックに、絶対に痩せてきれいになりたい! とダイエットに励むようになりました。食品成分表示を見たり、家庭科の栄養関連の資料を読み込み、運動や食事に注意する日々でした。

高校一年生頃には成果が出てきて、みるみる世界が変わりました。ちょうどその頃、進路を考える時期だったので、自分と同じように体形で悩んでいる人を助けられたらいいなと思って、管理栄養士を志し、管理栄養士専攻の大学に進学。大学に進学してからは、一人暮らしも始めて自炊をし、より詳しく栄養について学ぶようになりました。ところが、栄養について学ぶようになったら自分のダイエットが間違いだらけだったことに気が付いたのです。それで改善できればよかったのですが、今まで自分が取り組んできたことが間違いだったことがショックだったのか、上手く食事を整えることができなくなってしまったんです。

それからは、拒食と過食を繰り返して、心身ともにボロボロに…。ダイエットの手助けがしたい、と思って憧れた管理栄養士の道なのに、自分が全然できなくて…苦しかったです。それから、一切のダイエットをやめて料理もせず、ほぼ外食だけの生活にしました。その方が、冷静に自分と向き合って体形を整えることができるようになり、拒食と過食はなくなったんです。卒業後は、管理栄養士の資格を取得して食品会社で営業の仕事に。その後、結婚を機に退職して専業主婦になりました。

料理をまた始めたのは結婚してから。栄養に関しては興味があるものの、美味しい、楽しい料理にはほとんど興味がなかったんです。結婚当初は、キッチンに立つ時間は1食につき30分までと決め、それ以上かかってしまいそうなら作らないと決めていたくらい、あまり料理はしていませんでした。

結婚して半年くらい経った頃、初めて料理本を見ながらゆっくり作ってみることに。選んだレシピは、ビーフストロガノフでした。最初は、脂質と塩分の高い料理を家で食べることにあまり乗り気ではなかったので、こんなにバターを使うの⁉ こんなに生クリームを使うの⁉ こんなに塩を⁉ と思いながら作っていました(笑)。しかし、完成した料理を夫と一緒に食べてみると本当に美味しくて、びっくり! 何より、楽しかったんです。まるでレストランで食べるような味付けに近いものができちゃって(笑)。それが料理を好きになったきっかけです。

第二子出産後にフリーランスの管理栄養士として独立

hirano

第一子出産後は専業主婦として子育てに追われていました。フリーランスの管理栄養士として働くようになったのは、第二子出産後の2014年頃。 それまで、レシピコンテストに応募したり、ブログでレシピ作成などはしていたものの、あくまで趣味レベル。なんとか仕事にできないかなと思って、ダイエット会社のレシピ作成に応募してみたところ、合格! そこから、きちんと仕事として始動しました。同じ会社のウエブサイトでダイエットのカウンセリング業をスタートしたり、どんどん仕事の幅が広がっていきました。

現在は、企業のレシピサイトのレシピ作りの仕事が多く、一番好きな仕事ですね。もともと食品会社の営業をしていたこともあり、製品をPRする資料作りなどが結構好きなんです。先方の意図を汲み取ってカタチにして、「まさにこれを求めていたの!」と言ってもらえた時は最高にうれしいですね。

仕事と子育ての狭間で悩む日々

hirano

フリーランスの管理栄養士として仕事を始めた頃は、何にどれくらいの時間がかかるのか、どうしたらいいのか、まったく分からないこともたくさんあって…。まだ子どもも小さかったし、大変でした。特に、夫の転勤で石川県から東京都に引っ越してきた時は本当につらかったです。

東京に来てから生活環境ががらりと変わり、買い物、育児、生活そのものが慣れないことばかり…。その一方で仕事は増え、生活を整えなければと思いつつも、せっかく依頼してくれたお仕事だし、良いものを作りたい、もっと頑張りたいと思うとセーブすることもできず…。毎日が無我夢中でした。周囲の助けもあって、なんとかやってきたというのが正直なところです。

最近は、やっと少しずつ育児と仕事のバランスがとれるように。朝早く起きて仕事をするようにして、平日の子供たちの帰宅後や休日はなるべく仕事をしないようにしています。子育てと仕事の両立ができているとは決して言えないですが、自分なりのスタイルを模索しながら家族みんなで頑張っています!

Nadia Artistになって成長を実感

hirano

Nadiaを運営している会社に友人が就職し、「登録して!」と誘われました。そしてちょうど同じ頃、テレビ番組のレシピコンテストで一緒だったNadia Artistの方々からも誘っていただいたのをきっかけにNadia Artistとして活動することに。

Artistになった当初と比べるとたくさんの仕事と経験をさせていただき、すごく成長できたと実感しています。Nadiaでは、管理栄養士としてのコメントをレシピに記載するようにしているんですが、友人たちからも好評なんです。これからもできるだけ分かりやすく、みなさんのためになるレシピを作っていければいいなと思っています。

定番の家庭料理の美味しさを改めて知る

hirano

レシピ開発の仕事をしていると、仕事の試作の延長で家族のご飯を作ってしまっていた時もありました。家族が好きなものだったらいいんですが、家族の好みでないものだと本当に心苦しくて…。

最近は、仕事とは全く別に、みんなが好きな定番の料理を作るようにしているんです。それが、楽しくて! とっても好きな時間です。 餃子、ハンバーグ、シューマイ、かにクリームコロッケなど…改めて定番の家庭料理を作って食べてみると、本当に美味しいなと感じてホッとできるんです。塩さば、塩鮭…焼くだけのものでも、すごく美味しい!

今まで、いわゆる定番の家庭料理のレシピはNadiaでアップしたことがないんです。定番すぎて、改めて自分のレシピを投稿するのはちょっと勇気が必要で…。でも、定番の料理を美味しく作ることがいかに大切か、いかに楽しいかということを伝えたい、それがダイエットにも繋がると思っているので、今後はNadiaで積極的にアップしていきたいですね。

子どもも、大人も、家族みんなが「美味しい!」と言い合いながら食べるのがいちばん!  これからも、家族みんなが笑顔で食卓を囲める料理を届けていけたらいいなと思っています。

写真:高橋 しのの

平野信子さん、素敵な笑顔とお話どうもありがとうございました!

お気に入りのキッチングッズ教えてください!

お気に入りのキッチングッズ

◎OXO(オクソー) クリアサラダスピナー
野菜が大好きで、野菜サラダをよく作ります。OXOのサラダスピナーは、水切りがしやすくてとっても気に入っています。上から押すだけなので、力がいらないのもいいところ。 さらに、茹で野菜の水切りにも大活躍。特におすすめはブロッコリーです。茹でたブロッコリーを3回ほど回転させて水切りし、お皿にのせて冷まします。そうすると、ちょうどよい水気に。これ以上水切りするとパサパサになってしまうので、3回ほど、と決めています。ザルだけだと、水気が残ってしまうので水っぽいんです。お弁当にも水気がない方が傷みにくいので、とってもおすすめです!

hirano's profile.

平野信子's profile.

フリーランスの管理栄養士。企業のレシピ開発を中心に、コラム執筆、栄養価計算、カフェメニュー栄養監修などを行う。 グルメな夫でも、子どもたちでも、栄養第一主義の自分でも、みんなで美味しく食べられるようなレシピや献立を目指す。

これまでお聞きしたNadia Artistの記事はこちら

Artist History
お気に入りに追加
ページの先頭へ