緑茶香る爽やかてまり寿司

15

2021.07.05

分類主食

調理時間: 15分(炊飯時間を除く)

ID 414014

楠みどり

フードコーディネーター、野菜ソムリエ

緑茶の香りが爽やかなてまり寿司です。酢飯にしなくても、緑茶の香りが魚の臭みを和らげてくれるのでさっぱりと食べられます。今回はサーモンや生ハムなどで華やかに仕上げましたが、お好みでイカや白身魚の刺身、卵などをのせてアレンジしてください。おうちパーティーやおもてなしにおすすめです。

材料

2人分
狭山茶(煎茶) 茶葉3g
1合
小さじ1/2
サーモン(刺身用) 3切れ
蒸しえび 3尾
生ハム 3枚
れんこん(水煮) 3枚
いくら 少々
きゅうり 少々
レモン 少々
かいわれ大根 少々

作り方

ポイント

茶葉は細かく砕いて炊飯することで、米と馴染んで食べやすく、見た目もきれいに仕上がります。

#狭山茶タイアップ
公式アプリで献立を作ろう

レシピを自由に組み合わせて
あなただけの献立が作れる!

アプリストアへ

  1. 米は洗ってざるにあげ、水気を切る。
    狭山茶(煎茶)は茶葉が長いものがあればキッチンバサミやすりこぎなどで細かくする。
    きゅうりとレモンは薄いいちょう切りにする。
    れんこん(水煮)は包丁かキッチンバサミを使って花形に切る。
  2. 炊飯器の内釜に米を入れ、1合の目盛りまで水(分量外)を注ぐ。狭山茶(煎茶)と塩を加えて混ぜ合わせ、通常通り炊飯する。炊き上がったら全体をさっくりと混ぜ合わせる。
  3. 1を9等分にしてラップに包んで丸める。
  4. ラップを外して具をのせ、3種類のてまり寿司を3個ずつ作る。
    1つ目は、サーモン(刺身用)をのせ、きゅうりを添える。
    2つ目は、生ハムをのせ、れんこん(水煮)、いくらを添える。
    3つ目は、蒸しえびをのせ、レモン、かいわれ大根を添える。
  5. 食べる際はわさび醤油(分量外)を付ける。
0 28

コメント・感想 Comment

このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

このレシピをサイトに埋め込む

関連コラム article

まずは3ヶ月無料でお試し!

※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

プレミアムサービスとは