レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ご飯が美味しい!基本の土鍋ご飯の詳しい炊き方

主食

ご飯が美味しい!基本の土鍋ご飯の詳しい炊き方
  • 投稿日2021/01/15

  • 調理時間30(浸水時間は除く)

ひと粒ひと粒がつやつやと輝き、噛み締めると適度な粘りとふんわりとした食感の中に甘みと旨みが楽しめる「土鍋ご飯」。 土鍋でご飯を炊くのは難しいイメージがあるかも知れませんが、実はとっても簡単! お米を洗って水に漬けて浸水したら、土鍋に入れて沸騰するまで中火で加熱→弱火で10分加熱→火を止めて10分蒸らすだけ! 1度食べたらやみつき間違い無しの「絶品銀シャリ」を楽しんでみませんか?

材料4人分

  • 2合
  • 400〜450cc

作り方

ポイント

🔶3合炊く場合は水を600〜650cc入れて下さい。 🔶普通の土鍋で美味しいご飯を炊くポイントは密閉度と圧力を高めること。その為、濡らしてきつく絞った布巾を土鍋のふちに巻き付け、蒸気穴に箸を差し込みます。布巾を巻き付けることで吹きこぼれも防ぐこともできますよ。布巾が火が当たらない様に注意してくださいね。 🔶蒸気が出て沸騰したら蓋を開け、1度かき混ぜて均一に火が通る様にして温度が下がらないようにすぐ蓋をします。混ぜることでお米が鍋底にくっつくのを防ぐこともできますよ。 🔶工程③で水分が残っている場合は水分が無くなるまでもう少し加熱します。水分が無くなっている時は蓋を閉めて中火で10秒加熱して温度を戻してから蒸らします。

  • 米を計る。 🔶お米1合=180ccなので、お米をはかる計量カップは180ccのものを使用してください。 🔶先ず、計量カップに山盛りお米を入れてから箸などですり切り一杯になる様に計ります。水加減が変わってくるので、お米を正確にはかるのが美味しいご飯を炊くポイントです。

    工程写真
  • 1

    ボールに水を入れ、ザルに入れた米をつけて手早く2〜3回混ぜる様に洗ったら水を捨てる。水を入れ、指を立てて回しながら洗い、水が白くなったら水を捨てる。水の濁り具合が薄くなるまで3〜4回繰り返し水を切る。

    工程写真
  • 2

    ボールに水をしっかり切った米と水を入れ、夏場は30分、冬場は1時間、米が真っ白に白濁するまで浸水する。

    工程写真
  • 3

    土鍋に米と水を入れ蓋をし、中火にかけ沸騰させる。沸騰して蒸気が噴き出して来たら蓋を開けて1度混ぜ、蓋を閉めて弱火にし10分煮る。

    工程写真
  • 4

    蓋を少し開け、水分が無いことを確認したら蓋を閉めて中火に戻し10秒加熱する。火を止めてそのまま10分蒸らす。

    工程写真
  • 5

    🔶土鍋ご飯を炊く時に必須の「洗って浸水させ、水切りした米」を「洗い米」と言い、この洗い米は保存することができます。浸水した米をザルにあげてしっかり水気を切り、そのままザルにラップをするか、ポリ袋に移して封をして冷蔵庫で保存してください(2〜3日で使い切ってくださいね)。洗い米を作っておくと簡単に土鍋ご飯を炊いたり、炊飯器の急速炊飯をする時に美味しいご飯を炊くことができますよ。「洗い米」は水気を含んで1割りほど膨らんでいるので、炊く時は米と同量の水を入れて炊いて下さい。

    工程写真
レシピID

404842

コメント

送信

関連キーワード

ご飯もの」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

まこりんとペン子
Artist

まこりんとペン子

🍀頑張り過ぎずに出来る時短&節約ご飯 🍀旬の食材やお手頃食材でスグ出来るあと1品 特別な食材や調味料を使わず、家族の為に頑張り過ぎずに毎日作れる簡単で美味しいご飯&卵アレルギーの子供の為に卵無しで美味しいご飯。卵アレルギーがあっても無くても皆が一緒に美味しく食べられる『笑顔の一緒ご飯』を目指しています☺️ 👑Nadia2018新人賞 👑Nadia 酪農家を応援!今こそ牛乳を飲もう!食べよう!牛乳レシピコンテスト 「グランプリ」 👑Nadia×ヤマキ かつお節で野菜嫌いを克服コンテスト 「ヤマキ特別賞」 *日本ハム 第2回食物アレルギー対応食料理コンテスト「審査委員特別賞」 *うま味調味料活用コンテスト「しかない賞」 *明治おいしい牛乳家族が喜ぶ牛乳レシピコンテスト 「グランプリ」 *フジッコ よろこんぶおにぎりコンテスト 「グランプリ」 *BRITA BRIしゃぶコンテスト 「グランプリ」 *ラーマ 50周年ご当地トーストコンテスト 「近畿・四国部門 グランプリ」 その他多数受賞 【資格】 *栄養士 *上級食育アドバイザー *ベジタブル・フルーツアドバイザー *ショコラアドバイザー *環境アレルギーアドバイザー *マクロビオティックマイスター *マクロビオティックソムリエ *ローフードソムリエ *ファスティングソムリエ *練り切りアート認定講師

「料理家」という働き方 Artist History