レシピサイトNadia
    • 公開日2021/07/13
    • 更新日2021/07/13
    • PR

    今が旬!アメリカ産フレッシュブルーベリーのおしゃれレシピ!おうちで楽しむ特別な時間に

    6月~9月初旬は、アメリカ産のフレッシュブルーベリーを楽しめる特別な時期! 冷凍やドライフルーツとはまた違う、甘酸っぱい豊かな香りやみずみずしさをぜひ楽しんでほしいです。そのまま食べてももちろん美味しいですが、今回はNadia Artistのhoppeさんにフレッシュブルーベリーならではの冷たいデザートレシピを教えていただきました!

    このコラムをお気に入りに追加

    44

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    今が旬!アメリカ産フレッシュブルーベリーのおしゃれレシピ!おうちで楽しむ特別な時間に

     

    今こそ食べたい!魅力いっぱいアメリカ産フレッシュブルーベリー

    ジャムや焼き菓子などにもよく使われているブルーベリー。北米が原産のフルーツです。

    大粒で甘酸っぱいアメリカ産のブルーベリーは、冷凍やドライフルーツとして通年楽しめますが、旬の6月~9月初旬ごろはフレッシュブルーベリーが店頭に並びます。フレッシュブルーベリーが楽しめる期間は限られており、ブルーベリー好きにとっては特別な時期なのです!

    口の中に広がるフルーティーな香りやプチッとした食感、果汁があふれ出すみずみずしさは、旬の今しか味わえないフレッシュならではの魅力です。皮をむいたりカットしたりする手間いらずで、そのままつまんで食べられるのも良いですね。

    濃い青紫色でコロンとかわいらしいブルーベリーの実は見た目のアクセントにもなり、普段のおやつやサラダをドレスアップしてくれます。そのまま添えるだけで、いつもの料理がワンランクアップし、食卓に料理を並べたときの気分も上がります。

     

    フレッシュブルーベリーの基本の食べ方、保存方法

    フレッシュブルーベリーは食べる直前にさっと洗って皮ごと食べるのが基本。保存は冷蔵庫で1週間程度可能です。できるだけ早く食べた方が食感が良く味も濃いので、購入したら早めに食べると良いですよ。

    おやつにそのままつまんで食べるのはもちろん、朝食のヨーグルトやグラノーラにトッピングしても良いですね。夜なら、サラダにちょい足ししたり、食後のデザートにしたり。良いことがあった日のディナーや記念日の料理に、今の時期ならフレッシュブルーベリーをぜひ添えてみては?

    果汁あふれるジューシーさや口の中に広がるフルーティーな香りは、ちょっぴりリッチな気分をもたらしてくれるはずです。

     

    ブルーベリーで作る簡単&おしゃれな「スコップアイス」

    そんなフレッシュブルーベリーをさらに美味しくいただけるレシピをご紹介します。暑い日のデザートにぴったりなアイスのレシピです♪

    ヨーグルトを混ぜたさっぱり感のあるバニラアイスを、おしゃれで特別なデザートに格上げするのはたっぷりのフレッシュブルーベリー。ひと口食べれば贅沢な気分を味わえる、幸せなデザートタイムが叶いますよ♪

    ●詳しいレシピはこちら
    『フレッシュブルーベリーはじける♪簡単!スコップアイス』

     

    健康や美容にも良いアメリカ産ブルーベリーで美味しい時間を

    ブルーベリーの魅力は、美味しさだけではありません。アントシアニンや食物繊維のほか、ビタミン、ミネラルも豊富に含まれていて、栄養面での魅力も見逃せません。フレッシュブルーベリー140gで80kcalと低カロリーで、脂肪分もほぼゼロなのもうれしいところです。

    健康や美容に気を遣われる方はもちろん、日々のお料理やおやつにも手軽に取り入れやすいアメリカ産フレッシュブルーベリー。ぜひ旬の今だけの特別な美味しさを楽しんでみてください。

    そのほかのアメリカ産フレッシュブルーベリーレシピはこちら


    sponsored by USハイブッシュブルーベリー協会(USHBC)

    ●USハイブッシュブルーベリー協会のホームページはこちらから

    キーワード

    このコラムをお気に入りに追加

    44

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    SNSでシェアしよう

    Nadia編集部おすすめコラム

    関連コラム

    このコラムを書いたArtist

    hoppe
    • Artist

    hoppe

    hoppe(ほっぺ) 大阪府出身、在住 2歳年上の主人と、男子3人の5人家族 元看護師(産婦人科、整形、脳外、内科などの勤務を経て高齢者のデイサービス勤務をしてきました。特に高齢者デイサービスは私にとって天職と思えるような充実した楽しい日々でした。) 昔から趣味はと聞かれれば「お菓子作り」と即答してきました!今も変わらずお菓子作りが趣味です。 私の初めてのお菓子作りは小学生のとき。 母が驚くことを期待しながら一人でレシピを見て作った型抜きクッキーでした。 仕事から帰った母の驚いた顔と美味しいと喜んだ顔は今でも忘れられません。 お菓子作りには幸せがいっぱい詰まっています♪ 買うのが当たり前だと思っていたケーキを自分で作れた喜び。 誰かのことを想ってレシピや材料を選んだり、出来上がりを想像しながら作るワクワクした時間、相手が手作りに驚いたり「美味しい!」と笑顔になる瞬間、オーブンからただよう甘い香りに包まれる時間やドキドキしながらオーブンを覗き込む時間、焼き立てを味わえるのも手作りならでは。 でも、日々のお料理とは違い、お菓子は必要不可欠なものではありません。 毎日のことではないので特別な日のケーキは買えばいいし、わざわざ材料や道具を揃えて、となるとハードルが高い物だと思います。 でも、特別なものだからこそ手作りすればさらに特別感は大きくなり、喜びも膨らむと思います。 そして、お菓子作りってやってみると意外と難しい物ではありません。 私は今までお菓子作りを通してたっくさんの幸せを感じてきました。 家族のために日常的にパンを焼くようになってからは友人を招いて、手作りのパンや料理、デザートをふるまっておもてなしをする楽しさも知りました。 この幸せな気持ちをたくさんの人に感じてもらいたい! 自分でケーキやパンを作れる喜びを知ってもらいたい! 安心、安全なお母さんの手作りおやつや焼きたてほわほわパンの優しさをたくさんのおうちに広めたい。 その思いがすごくすごく強くなったので、看護師を辞めてレシピをお伝えすることに力を注ぐことにしました。 日々のおやつだけでなくおもてなしや特別な日に作るお菓子レシピをメインに、大切な家族のために安心、安全にこだわって作る料理やパン、友人をまねくときのおもてなしランチのレシピも公開していきます。 私のレシピを信じて材料を揃えて時間をかけてくれる誰かの笑顔を想像して(*^^*)

    「料理家」という働き方 Artist History