レシピサイトNadia

    手づかみで食べれる、お手軽レンジ里芋

    副菜

    手づかみで食べれる、お手軽レンジ里芋

    お気に入り

    30

    • 投稿日2015/11/29

    • 更新日2015/11/29

    • 調理時間5

    一品足りない時に、あっという間にレンジで作れる、里芋料理。レンジ調理することで、剥きにくい里芋の皮も、スッと気持ちよく剥けます。残した皮の部分を手でつまんで、お好みの味噌をつけて、お召し上がりください。おつまみにもピッタリですよ。

    材料2人分

    作り方

    ポイント

    お好みの味噌で、お召し上がりください。

    • 1

      里芋を綺麗に洗って、写真の部分に、包丁で一周、切れ目を入れます。

      工程写真
    • 2

      ラップでくるみます。

      工程写真
    • 3

      600wのレンジで約5分加熱します。途中1回、上下をかえて下さい。 ※里芋の大きさによって、加熱時間がかわってきます。

    • 4

      爪楊枝を刺して、スッと入れば大丈夫です。

      工程写真
    • 5

      あら熱がとれたら、丸い部分を残して、皮をむいていきます。

      工程写真
    • 6

      お好みの味噌をつけて、お召し上がりください。

      工程写真
    レシピID

    133573

    「里芋」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    本村 美子
    Artist

    本村 美子

    薬剤師、料理家の本村美子です。 薬剤師の資格を持ち、薬膳料理も取り入れながら、日々の家庭料理を、ちょっとオシャレに、そして美味しくすることをモットーにお料理しています。 お料理以外にも、パン、スイーツを作るのも大好きです。 パン作りは独学ですが、今では、毎日の食卓に欠かせないものになっています。 お料理も、味はもちろんですが、彩りや盛りつけにはこだわっています。 見た目が華やかであれば、子供が苦手なものでも、食べてくれたりもします。 子供が嫌いなものを克服した瞬間が、たまらなく嬉しく思います。

    「料理家」という働き方 Artist History