レシピサイトNadia

    とろーりとろける♩コーンクリームコロッケ

    主菜

    とろーりとろける♩コーンクリームコロッケ

    お気に入り

    545

    • 投稿日2020/03/10

    • 調理時間70(冷まし時間含む)

    子供が大好きなクリームコロッケ。揚げたては中がとろーりサクサクで、とっても美味しいですよ♩

    材料4人分

    • コーン缶
      1缶(固形量120g)
    • 玉ねぎ(みじん切り)
      1個
    • バター
      60g
    • 顆粒コンソメ
      小さじ2
    • 小さじ1/2
    • 砂糖
      小さじ1
    • 胡椒
      少々
    • 薄力粉a
      70g
    • 牛乳
      500ml
    • 薄力粉b
      適量
    • 溶き卵
      適量
    • パン粉
      適量

    作り方

    ポイント

    牛乳を少しずつ加えて、一回ごとにしっかり水分を飛ばしていくことでダマのない滑らかな仕上がりに♩ 出来上がったタネを冷蔵庫に入れてしっかり冷やすことが大切です。時間がないときは冷凍庫で凍らない程度に冷やしてください。 冷えていないと丸められません。 レシピは食塩不使用のバターを使用しているので、加塩のものを使う場合は塩の量を減らしてください。

    • コーン缶のコーンをザルにあげて水を切っておく。

    • 1

      フライパンにバターと玉ねぎ(みじん切り)を入れて加熱する。火加減は中火。 バターが溶けたら顆粒コンソメ、塩、砂糖、胡椒を入れて玉ねぎが柔らかくなるまで炒める。

      工程写真
    • 2

      1のフライパンに薄力粉aを加えてひとまとまりになるまで炒める。

      工程写真
    • 3

      このくらいのまとまりになる。

      工程写真
    • 4

      牛乳を加えていく。 7回くらいに分ける感じで少しずつ加えていく。 1回ごとに牛乳の水気がなくなるまで炒める。

      工程写真
    • 5

      このくらいになったらまた牛乳を加えていく。 これを7回くらいに分けて続ける。 火加減は中火です。

      工程写真
    • 6

      全ての牛乳を入れ終わり、炒め終わりの状態。 シャバシャバした状態ではなく、ダマもない状態がいいです。 (フライパンの真ん中にヘラで引いたら割れて、元に戻るような状態。言うならばモーゼの滝割りのような感じでしょうか)

      工程写真
    • 7

      水気を切ったコーンを加えて混ぜる。

      工程写真
    • 8

      保存容器やバットなどの底が平らなものにラップを敷いてから7を流し入れる。 冷蔵庫に入れて1時間程度冷ます。

      工程写真
    • 9

      冷えたら丸めていく。 その際、ヘラなどでガイドの線を付けておくとやりやすいです。 食べやすい大きさに丸めます。

      工程写真
    • 10

      薄力粉b、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。

      工程写真
    • 11

      170度の油で転がしながら揚げていく。 タネにはすでに火が通っているので表面がこんがりしたら油から上げ、網の上に置いて油を切る。

      工程写真
    • 12

      ケチャップやソースなど、お好きなものをつけてどうぞ♩

      工程写真
    • 13

      とろーり♩ 本当美味しいのでぜひ作ってみてくださいね。

      工程写真
    レシピID

    387503

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    コロッケ」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ナオ
    Artist

    ナオ

    家族の美味しいが聞きたくて毎日料理やお菓子作りをしている主婦です。 たくさん食べて欲しいから、時間をかけずにさっと作れるものがほとんどですが、 毎日あれこれと試行錯誤しながら料理をしています。 数年前に子供のスポーツを応援したくてアスリートフードマイスターを取得しました。その知識を活かして成長の助けとなるような捕食や朝ごはんなどを考えています。 毎日のお弁当や朝、夜のご飯、運動前後の捕食や身体に優しいおやつなど常に何かしら料理をしている料理オタクです。 毎日の食事の美味しいの気持ちから幸せな時間をお届けできますように♩

    「料理家」という働き方 Artist History