Nadia公式アプリ
お気に入り・ランキングがすべて無料

お鍋でつくる 道明寺☆桜餅

30

2013.08.30

分類

調理時間: 30分

ID103487

星野奈々子

ビオワインとおもてなしごはん。

桜の時期までまだありますが・・
一足早く春を感じたくて作りました。白いままでも良いですが、今回は天然の着色料である紅こうじ色素を使っています。

このレシピをブログで紹介する

材料(4人分 )
道明寺粉 120g
きび砂糖 55g
145cc+80cc
塩漬けの桜の葉 10枚
こしあん 200g
紅こうじ色素 数滴
作り方
Point!
桜の葉が10枚セットで売られていることが多いので、作りやすい10コのレシピにしました。 蒸して作る方法もありますが、鍋でつくると手軽にできます☆
  1. <下準備>
    ・塩漬けの桜の葉は、塩加減をみて、濃いようなら
     しばらく水、または塩水につけて塩抜きする。
    ・こしあんは20gづつ丸めておく。
  2. 道明寺粉と水145ccをボールに入れてなじませ10分程度置く。()

    鍋に水80ccと砂糖55gを入れて火にかけ、砂糖を溶かす。()
      ※溶ければOKです。色をつけないように。
  3. のシロップをに注いで混ぜ、紅こうじ色素を数滴たらす。均一になったら鍋に戻し、弱火〜中火にかけてへらで混ぜながら6〜7分煮る。道明寺粉に火が入って柔らかくなり、少し粘りが出てきたら、ボールに移して粗熱を取る。
  4. 3.の道明寺を10等分にする。
    手に水をつけて、道明寺を広げ、あんを包み込む。
    葉脈を外側にして桜の葉を巻く。
コメント Recipe Comment
コメントを書く

コメントをするにはログインが必要です

「道明寺粉 」に関するレシピ

おすすめトピックス Recommended Topics

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents