レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

夏に食べたい♡混ぜて冷やすだけ!水ようかん

デザート

夏に食べたい♡混ぜて冷やすだけ!水ようかん
  • 投稿日2021/08/05

  • 調理時間30(冷やす時間を除く)

お気に入りに追加

115

夏でも何故か食べたくなるものの一つがこのモチモチの白玉団子です。もちもちとしたものって一年中美味しい気がしているのですが、中でも万能なのが白玉団子。白玉団子って夏のスイーツにも合うと思いませんか?無類のモチモチ食感好きの私のためか、今回夫が作ってくれたのは白玉団子入りのあんみつ!これ、本当に美味しくて一瞬で食べてしまう味。生クリームも合いそうだな〜と言うことでモリモリ生クリームもつけてみたのですが、これが大正解。おかげで生クリームの在庫がなくなってしまったので、そろそろコストコに行ってきます。

材料4人分

  • 【水ようかん】
    -
  • A
    300g
  • A
    粉寒天
    2g
  • B
    こし餡
    150g
  • 【みつ】
    -
  • C
    大さじ3
  • C
    グラニュー糖
    大さじ2
  • 【白玉だんご】
    -
  • D
    白玉粉
    50g
  • D
    50g
  • 【トッピング】
    -
  • ホイップクリーム
    適量

作り方

ポイント

寒天は2分くらい沸騰させないとしっかり溶けないので、600Wの電子レンジで4分加熱した時点でまだ沸騰していない場合は様子を見ながら沸騰するまで加熱し、そこから2分間さらに加熱してください。 あんこはサラサラの液体だと下に沈みやすいので、あんこが均一な水ようかんを作りたい場合は、氷水に当ててとろみがつくまで冷やしてからタッパーに移して固めます。分離しても問題ない場合は熱い状態のまま冷やしても問題ないです。 白玉だんごは茹でると一回り大きくなるので、思ったよりも小さめにするのがおすすめです。 白玉だんごは人肌ぐらいがもちもち食感で美味しいと思います。氷水でしっかり冷やすと硬めの食感になるのでお好みに合わせて調整してください。

  • 1

    【水ようかん】 電子レンジ対応ボウルにA 水300g、粉寒天2gを入れ、スプーンで軽くまぜ600Wの電子レンジで4分加熱し、一度混ぜ、600Wの電子レンジで2分加熱する。

    工程写真
  • 2

    B こし餡150gを加え溶けるまでしっかりとスプーンで混ぜる。

    工程写真
  • 3

    氷水に当て、とろみがついてくるまで粗熱を取る。

    工程写真
  • 4

    タッパーに流し、冷蔵庫で3時間以上冷やし固める。

    工程写真
  • 5

    【みつ】 電子レンジ対応ボウルにC 水大さじ3、グラニュー糖大さじ2を入れ、600Wの電子レンジで2分加熱し、スプーンで砂糖が溶けるまで混ぜ、粗熱を取る。

    工程写真
  • 6

    【白玉だんご】 ボウルにD 白玉粉50g、水50gを入れ、ゴムベラで混ぜる。水は一度に全て入れるのではなく、少しずつ加え耳たぶくらいの柔らかさになったら水を加えるのをやめる。

    工程写真
  • 7

    手鍋にお湯を沸かし、一口大に丸め、沸騰したお湯に入れ浮いてくるまで茹でる。

    工程写真
  • 8

    冷水に移し粗熱を取る。

    工程写真
  • 9

    【トッピング】 器に、冷やした水ようかんをスプーンですくい入れ、みつをスプーンでかける。ホイップクリームを絞り、白玉だんごをのせる。お好みでミントの葉(分量外)をのせる。

    工程写真
レシピID

418679

「寒天」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

羊羹」「寒天ゼリー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

おやつラボ
Artist

おやつラボ

妻の好きなお菓子を作っている2歳児の父・マスターです。 お菓子と、時々我が家の定番メニューを投稿しています。 出来上がったお菓子は妻と2人(時々子供と3人)で食べています!子供が好きなケーキはスフレチーズケーキ。最近子供が「ケーキ!」と言えるようになり、成長を感じる毎日です。(ケーキがなくなると「ケーキ!!!!!」とすごい剣幕で叫び始めるので、嬉しい反面恐怖も感じる毎日・・・) 小さい頃からケーキが大好きで、お気に入りは誕生日などによく食べる銀座コージーコーナーのショートケーキでした。 そんな私がお菓子作りを始めたきっかけは、小学生の頃に母にクッキーを作ろうと思ったのがきっかけ。スプーンで落とす簡単なクッキーで、オーブンレンジもあったのにオーブントースターで焼くという、今ならそこはオーブンだろ!と言いたくなるような作り方ですが、それなりにできたと思ってます(笑) その後、朝早く起きてバターロールを作ったり、誕生日にはケーキを作るなど自分の作ったお菓子で家族が笑顔になってくれるのが嬉しかったです。 特に強敵だったのがスポンジケーキ。買った本の通りに作っても全然うまくできない…そこからスポンジの研究が始まり、毎日のように練習。そして焼きすぎてオーブンレンジが壊れました。 違う本を買ってもらって練習を続け(もちろんオーブンも買い直して😂)、やっと目標の銀座コージーコーナーのような、ふわふわなスポンジが作れるようになりました。 しばらくお菓子作りに熱中していたんですが、大学・就職を経てお菓子を作る機会が減ってしまいました。 妻(当時彼女)に初めて作ったお菓子は、ホワイトデーのお返しのカントリーマアム風クッキー。それまではそこそこ手作りお菓子を作ってくれた彼女ですが、それからは食べる専門を貫いています😋 2019年に子どもが生まれるのを機に、お菓子作りを再開しました。 子供の退院祝いのために作ったケーキを動画撮影して、記念にYouTubeに投稿したのをきっかけに、YouTubeチャンネル「Oyatsu Lab.」を始めました! Instagramへの投稿、YouTubeの動画編集は妻がしています!

「料理家」という働き方 Artist History