レシピサイトNadia
    デザート

    【桃のゼリー】桃の缶詰で簡単♪混ぜて冷やすだけ♡

    • 投稿日2022/08/28

    • 更新日2022/08/28

    • 調理時間20(冷やす時間を除く)

    お気に入り

    108

    子供から大人まで大好きな桃缶で作ったゼリーです!🍑つるんとした食感で爽やか!混ぜて冷やすだけですが、うっとりするような見た目でおもてなしにもぴったりの一品です!うちの子どもにも食べる?と聞いてみたのですが、桃の気分ではなかったようで反応すらされませんでした。仕方ないので、夫婦で仲良くゼリーを爆食してみたのですが、いっぱい食べてもさっぱりとしていて美味しい!食欲がない時にもぺろっと食べてしまう一品です(爆食したというエピソードの後には説得力0のコメントw)

    材料8人分15cm丸型1台分

    • 桃の缶詰
      2個
    • A
      100g
    • A
      ライムの搾り汁
      1/2個(15g)
    • A
      グラニュー糖
      80g
    • A
      粉ゼラチン
      10g
    • A
      缶詰の汁
      330g(2缶分)

    作り方

    ポイント

    今回は「ゼラチン21」という粉ゼラチンを使用しています。他のゼラチンを使用する場合は「粉ゼラチン15g」使用してください。 ゼラチンは沸騰させてしまうと固まりにくくなってしまうので、加熱する際に気をつけます。 型にお玉1杯のゼリー液を入れ先に固めることによって、表面が綺麗なゼリーになります。

    • 桃の缶詰は缶から取り出し汁気を切っておく

    • 1

      電子レンジ対応ボウルにA 水100g、ライムの搾り汁1/2個(15g)、グラニュー糖80g、粉ゼラチン10g、缶詰の汁330gを入れゴムベラで軽く混ぜ、600Wの電子レンジで3分加熱する。

    • 2

      ゼラチンとグラニュー糖が溶けたのを確認したら、氷水に当てて粗熱をとる。

    • 3

      丸型にお玉1杯分のゼリー液を入れ冷蔵庫で固まるまで冷やす。(10分くらい)

    • 4

      桃は一口大に包丁でカットし丸型の中に並べる。

    • 5

      ゼリー液を静かに注ぎ、冷蔵庫で4時間以上冷やし固める。

    • 6

      型をぬるま湯につけゼリーを取り出す。

    レシピID

    443625

    質問

    関連キーワード

    「フルーツゼリー」に関するレシピ

    「ゼラチン」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    おやつラボ
    • Artist

    おやつラボ

    おやつ動画クリエーター

    【自己紹介】 3歳児の父・マスターです。お菓子と、時々我が家の定番メニューを投稿しています。2023年2月Instagramのフォロワーさんが24万人を超えました〜!ありがとうございます! 【著書】 おやつラボ お菓子のきほん2 宝島社 2022年9月29日発売 おやつラボ お菓子のきほん 宝島社 2021年9月13日発売 シリーズ累計発行部数11.1万部突破! 【レシピ開発の想い】 お菓子やケーキは誕生日や記念日など特別な日に作ることが多いと思っています。大切な日を彩るものだからこそ心がけているのが絶対に「美味しい!」と言ってもらえるレシピ開発をすること。おやつラボのレシピで、より多くの方が幸せな気分になっていただけたら嬉しいです! 【おやつラボのこれまで】 小さい頃からケーキが大好きで、お気に入りは誕生日などによく食べる銀座コージーコーナーのショートケーキでした。そんな私がお菓子作りを始めたきっかけは、小学生の頃に母にクッキーを作ろうと思ったこと。スプーンで落とす簡単なクッキーで、オーブンレンジもあったのにオーブントースターで焼くという、今ならそこはオーブンだろ!と言いたくなるような作り方ですが、それなりにできたと思ってます(笑)その後、朝早く起きてバターロールを作ったり、誕生日にはケーキを作るなど自分の作ったお菓子で家族が笑顔になってくれるのが嬉しかったです。 特に強敵だったのがスポンジケーキ。買った本の通りに作っても全然うまくできない…そこからスポンジの研究が始まり、毎日のように練習。そして焼きすぎてオーブンレンジが壊れました。 違う本を買ってもらって練習を続け(もちろんオーブンも買い直して😂)、やっと目標の銀座コージーコーナーのような、ふわふわなスポンジが作れるようになりました。 しばらくお菓子作りに熱中していたんですが、大学・就職を経てお菓子を作る機会が減ってしまいました。 2019年に子どもが生まれるのを機に、お菓子作りを再開し、子供の退院祝いのために作ったケーキを動画撮影して、記念にYouTubeに投稿したのをきっかけに、YouTubeチャンネルを始めました。 Instagramへの投稿、YouTubeの動画編集は妻がしています。

    「料理家」という働き方 Artist History