レシピサイトNadia
    主食

    王道のカレーライス

    • 投稿日2022/01/06

    • 更新日2023/01/21

    • 調理時間30(煮込み時間は除く)

    お気に入り

    190

    時短のカレーライスも良いけれど、少し時間を掛けて作る王道のカレーライスはやっぱり美味しい。 出来る限り手間と材料を少なくしながらも、深い味わいになる工夫をしました。 フライパンひとつで作れるのも魅力的。 じゃがいもや人参などの定番具材を加えても良し、お好みのカレーライスを楽しんでくださいね♪

    材料4人分

    • 牛肩ロースかたまり肉
      600g(豚肩ロースかたまり肉600g または鶏もも肉3枚でもOK)
    • A
      自然塩
      小さじ1
    • A
      こしょう
      少々
    • B
      玉ねぎのすりおろし
      中2個分
    • B
      にんにくのみじん切り
      1片分
    • B
      オリーブオイル
      小さじ1
    • C
      米粉または薄力粉
      大さじ2
    • C
      カレー粉
      大さじ3
    • C
      オリーブオイル
      大さじ1
    • 1L
    • D
      リンゴのすりおろし(皮を含む)
      1/2個分
    • D
      生姜のすりおろし
      小さじ2
    • E
      中濃ソース
      大さじ1
    • E
      トマトペースト
      大さじ1(カゴメ トマトペースト ミニパック1袋分)
    • E
      自然塩
      小さじ1
    • E
      ローリエ
      1枚
    • ガラムマサラ
      小さじ2

    作り方

    ポイント

    ・玉ねぎを炒める時は蓋をしたまま加熱していくことで、フライパンに付きっきりにならなくてもきれいな飴色の玉ねぎを作ることが出来ます。 時々ゴムベラなどで混ぜ合わせながら炒めてください。 ・カレー粉はたっぷりのオイルと共に、しっかり炒めることで風味が増します。 粉気がなくなりパチパチという音がするまで炒めてください。

    • 牛肩ロースかたまり肉を4cm程度の角切りにしてA 自然塩小さじ1、こしょう少々で下味を付けておく

    • 1

      深めのフライパンを中火で熱したら、牛肩ロースかたまり肉を入れて全面に焼き色をつけて一旦取り出す。

    • 2

      行程1のフライパンに油が残っていれば軽く拭き取り、B 玉ねぎのすりおろし中2個分、にんにくのみじん切り1片分、オリーブオイル小さじ1を加え蓋をしたら弱めの中火で茶色く色づくまで炒める。 時々蓋を開けてゴムベラなどで混ぜ合わせながら加熱していく。

    • 3

      行程2のフライパンにC 米粉または薄力粉大さじ2、カレー粉大さじ3、オリーブオイル大さじ1を加え、粉気がなくなるまで炒める。

    • 4

      行程3のフライパンに少しずつ水を加え、ゴムベラなどで混ぜ合わせながら溶いていく。

    • 5

      行程4のフライパンにD リンゴのすりおろし(皮を含む)1/2個分、生姜のすりおろし小さじ2E 中濃ソース大さじ1、トマトペースト大さじ1、自然塩小さじ1、ローリエ1枚と牛肩ロースかたまり肉を加え、蓋をして極弱火で1時間ほど煮込む。 灰汁が出たら取り除く。 ※鶏肉で作る場合は蓋をして煮込む過程は飛ばし行程6に進んでください。

    • 6

      蓋を開けて好みのとろみ加減になるまで煮詰める。 ガラムマサラを加え、塩加減を調整したら完成。 一度冷ましてから再加熱していただくと、味が落ち着いて美味しくなります。

    レシピID

    428826

    質問

    関連キーワード

    「カレー」に関するレシピ

    「牛肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    高窪 裕美子
    • Artist

    高窪 裕美子

    料理家・食空間コーディネーター 身体をきれいにするバランスの良い家庭料理と、シャンパーニュに合うおもてなし料理が得意です。 お料理が大好きで、さまざまなジャンルの料理を学んできましたが、たくさん学んで行きついた答えは、結局シンプルな調理法で素材を活かした料理が一番美味しくて身体に優しいということ。 美味しさを引き出す料理の基本を押さえた上で、出来るだけシンプルに作りやすいレシピを考案しています。 身体の中から美しくなるバランスの良い食事で、毎日の食卓が心豊かなものになりますように。 【食に関する資格】 料理技術検定証上級 食育インストラクター 【Diploma取得】 家庭料理、おもてなし料理、日本料理、フランス料理、イタリア料理、和菓子、洋菓子、天然酵母パン、シャンパーニュ、紅茶、テーブルコーディネート 【受賞歴】 テーブルウエアフェスティバル2012 テーブルウエア コーディネート部門 入選

    「料理家」という働き方 Artist History