シロップまで美味!カルダモンが効いた【いちじくのコンポート】

35

2021.09.24

分類デザート

調理時間: 35分(漬ける時間は除く)

ID 421386

おうち薬膳 村上華子

身近な食材で体を整える、おいしい薬膳ごはんとおやつ

夏の終わりから初秋にかけて楽しめるいちじくは、そのまま食べても美味しいですが、日持ちしないのが少々難点。そこで、加熱調理をすることで、味わいが増し、長期保存も可能になります。空気が乾燥してくる秋は、スパイスの香りが効いたシロップで甘く煮て、心も体も潤うような大人のデザートに仕立てました。

【薬膳メモ】
いちじくは乾燥した大腸粘膜を潤す働きがあるので、秋から冬にかけてお悩みが増える、乾燥性の便秘に役立つ食材として活用されています。

    材料

    2人分
    いちじく 5個
    きび砂糖 100g
    300ml
    ラム酒 大さじ2
    カルダモン(ホール) 3個
    レモン汁 大さじ1

    作り方

    ポイント

    清涼感のある高貴な香りから「スパイスの女王」と呼ばれるカルダモン。本来のを香りを引き立てるためには、パウダーではなくホールを使うのがおすすめです。ラム酒との相性もぴったり。余ったシロップは紅茶に入れたり、ゼリーに活用してもおいしいですよ。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. ①保存用の容器を煮沸消毒して、自然乾燥させる。
      ②いちじくの皮を傷つけないように丁寧に水洗いをする。
      ③オーブン用シートなどを鍋の直径より一回り小さい大きさに切って、落し蓋を作る。
    2. 鍋にきび砂糖、水、ラム酒、カルダモン(ホール)を入れてよく混ぜ、中火にかける。
    3. 沸騰したらいちじくを鍋に入れる。(鍋の中でいちじくが重ならないように並べます)レモン汁を加えたら、キッチンシートの落し蓋をかぶせ、弱火で20~30分煮る。※過度な沸騰はいちじくの形が崩れるのでNGです。
    4. 熱いうちにシロップごと保存容器に移し、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れる。食べごろは翌日から一週間です。
    3 11

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「コンポート 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは