【日々薬膳】生落花生おこわ

60

2021.10.23

分類主食

調理時間: 1時間 0分(浸水時間は除く)

ID 423543

薬膳養生家 石田由紀子

日々薬膳 旬を楽しみ味わい暮らす

秋に出回る生落花生の美味しさを味わえるおこわです。
蒸しおこわならではのむっちりした食感に、ホクホクした落花生と油揚げの旨味、おかわりしたくなる薄味おこわです。(炊飯器での作り方も表記あり)
落花生はカラダの血や潤いを補うので、女性はもちろん、乾燥した季節や呼吸器、お通じにもよい食材です。
薄皮に補血の働きが強いのでぜひ一緒に召し上がってください。

    材料

    4人分
    殻付き生落花生 約300g(殻を除いた正味約150g)
    もち米 2合
    油揚げ 1枚
    A
    白だし (希釈タイプ 約13倍濃縮) 45ml
    A
    日本酒 大さじ2
    A
    200ml

    作り方

    ポイント

    生落花生は購入したらなるべく早く、新鮮なうちに調理してください。
    殻を剥いた落花生を一晩浸水すること、おこわにする前にあらかじめ煮ておくことで、出来上がりの落花生が生っぽく固く仕上がる失敗を防ぎます。
    1. 【前日準備】殻付き生落花生は殻を外し(殻が割れない時には殻の端をキッチンバサミで切るとよい、薄皮は剥かずに残す)、ざっと水洗いしてから、水に浸けて冷蔵庫に一晩おく。
      もち米は洗ってから、たっぷりの水に浸けて冷蔵庫に一晩おく。
    2. もち米はザルにあげて水を切っておく。
      油揚げは横長に半分に切ってから、細切りにしておく。
      蒸し器に水を入れて沸かしておく。
    3. 落花生は水を切り、大きめのフライパンに浸かるくらいの水とともに入れて火にかけ、茹でこぼす(沸騰したら火から降ろしザルにあげる)。
    4. 茹でこぼした落花生とA

      白だし
      (希釈タイプ 約13倍濃縮) 45ml、日本酒 大さじ2、水 200ml

      を再びフライパンに入れて火にかけ、沸騰したらフタをして5〜10分、落花生が食べれるくらいの柔らかさになるまで弱火で煮る。(大きめの落花生を食べてみて、ガリッとした生っぽさがなくなっていればOK)
    5. 工程3に、油揚げともち米を入れ、水分がなくなるまで優しく混ぜ合わせる。
    6. 蒸し布または、ハサミでところどころ穴を開けたオーブンペーパーの上に工程4を入れて平らにならし、真ん中を少し空け、蒸気の上がった蒸し器に入れて中火で約30分、もち米が好みの柔らかさになるまで蒸しあげる。
      途中、もち米の上下を返す。
    7. 【炊飯器で炊く場合】
      工程3を終了後、炊飯器にもち米を入れ、工程3で煮た落花生と煮汁、油揚げを加え、おこわの目盛まで水を足して平らにならし、おこわモードで炊き上げる。
    5 13

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    ※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

    お気に入り度

    レシピの関連キーワード Keywords

    おこわ ご飯もの ボウル フライパン 蒸し器 ピーナッツ 日本酒 旬野菜 油揚げ 生落花生 白だし もち米 蒸し器 薬膳

    このレシピをサイトに埋め込む

    「おこわ 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは