レシピサイトNadia

    <BRUNO>2種のディップdeひよこ豆のコロコロボール

    主菜

    <BRUNO>2種のディップdeひよこ豆のコロコロボール

    お気に入り

    37

    • 投稿日2019/04/25

    • 調理時間35

    中近東料理のひよこ豆のコロッケ(ファラフェル)は衣不要のヘルシーさと豆の旨味いっぱいが魅力。じゃがいもを加えて豆だけのコロッケよりもしっとり。ころころ回しながら焼く工程は見ていても楽しいので家族でころころしながらできたてを味わうのがおすすめです。中に忍ばせたチーズがとろりん♪とするのは子供にも大人にも人気。2種のディップの他にライム+グラニュー糖もおやつ感覚に食べられますよ。

    材料24個分

    • キャンディチーズ
      24個
    • A
      ひよこ豆水煮
      600g
    • A
      じゃがいも
      150g
    • A
      粉チーズ
      大さじ1.5
    • A
      片栗粉
      大さじ1.5
    • A
      オリーブ油
      大さじ2
    • A
      小さじ2/3
    • A
      ナツメグパウダー・パプリカパウダー
      12振り
    • A
      クミンパウダー
      6振り
    • ディップ①
      -
    • B
      ヨーグルト
      160g
    • B
      スイートチリソース
      60g
    • B
      白練りごま
      大さじ1
    • B
      ピザ用チーズ
      大さじ1.5
    • ディップ②
      -
    • C
      生クリーム
      100ml
    • C
      ケチャップ
      大さじ2
    • C
      ミニトマト
      6個
    • C
      きゅうり
      1/2本
    • C
      にんにくすりおろし
      小さじ1/2
    • D
      ライム
      1/2個
    • D
      グラニュー糖
      適量

    作り方

    ポイント

    ※ペーストは触った時にひとまとまりになるまでしっかりとフードプロセッサーにかけます。 ※冷めてしまった時には、温めながら食べると中のチーズがトロッとおいしいです。 ※乾燥ひよこ豆から茹でる時の分量は270gです。 ※生地を丸める際に手にくっつく場合は、薄くオリーブオイルを手につけると作業しやすいです。 ※焼いているコロッケを返す時は、丸いスプーンを使うと返しやすいです。くるんとひっくり返さなくても少しずつ動かして全体に焼き色がつけば大丈夫です。 ※コロッケが冷めていたら、プレートを入れ替えてLOWで温めながら食べます。

    • じゃがいもは皮をむいて小さく切り、ジップロックや耐熱皿にラップをして電子レンジ(600w)で2分、しっかりと火を通しておく。

    • 1

      A ひよこ豆水煮600g、じゃがいも150g、粉チーズ大さじ1.5、片栗粉大さじ1.5、オリーブ油大さじ2、塩小さじ2/3、ナツメグパウダー・パプリカパウダー12振り、クミンパウダー6振りを合わせてフードプロセッサーでペーストを作る。

      工程写真
    • 2

      1の生地30gの中央にキャンディチーズを入れて丸めていく。

      工程写真
    • 3

      丸めてバットに置いていく。

      工程写真
    • 4

      オーバルホットプレートをMEDに加熱して分量外のオリーブ油を熱して丸めたコロッケを入れていく。

      工程写真
    • 5

      5分焼いて上からオリーブ油(分量外)を回しかけ、裏返して5分焼く。さらに全体にカリッとなるまで5分焼き、全部で15分焼く。

      工程写真
    • 6

      プレート取り替えハンドルをつけてプレートを付け替える。

      工程写真
    • 7

      ディップ①・ディップ②を作る。分割プレートにB ヨーグルト160g、スイートチリソース60g、白練りごま大さじ1、ピザ用チーズ大さじ1.5C 生クリーム100ml、ケチャップ大さじ2、ミニトマト6個、きゅうり1/2本、にんにくすりおろし小さじ1/2をそれぞれ入れてLOWでチーズが溶ける程度に温め、チーズが溶けにんにくの香りがたったらOFFにする。 お好みでD ライム1/2個、グラニュー糖適量の組み合わせをつける。 ※グラニュー糖は多めが子供に人気です。最初に合わせずグラニュー糖をまぶした後に少しずつ絞ってつけても◎。

      工程写真
    レシピID

    374685

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    ひよこ豆」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    奥山 まり
    Artist

    奥山 まり

    ℍ𝕆𝕂𝕂𝔸𝕀𝔻𝕆 𝔽𝕠𝕠𝕕 𝕕𝕚𝕣𝕖𝕔𝕥𝕠𝕣 身近な素材や調味料を使ってシンプルに、 『笑顔が見られるおうちご飯🍚』モットー✨ 基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】ひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです✨ 乳がんサバイバー3年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始めた君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

    「料理家」という働き方 Artist History