レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【キチントさん】フライパンde甘辛風味の牛ちまき

主食

【キチントさん】フライパンde甘辛風味の牛ちまき
  • 投稿日2020/02/25

  • 調理時間40(水切り時間除く。)

お気に入りに追加

39

おにぎりや炊き込みご飯同様、一品でも満足してくれるちまきは、年代問わず人気ですよね♪作ろうと思った時に笹の葉がなくても大丈夫♪キチントさんフライパン用ホイルシートはしっかり素材で包みやすく、蒸しあげた後もご飯がするりとはがれる優れもの!まとめて作ってお弁当や冷凍保存もおすすめですよ。

材料4人分

  • もち米
    2合
  • 牛切り落とし肉
    150g
  • A
    醤油
    大さじ1
  • A
    砂糖
    大さじ1
  • A
    大さじ2
  • A
    オイスターソース
    大さじ1
  • 150ml

作り方

ポイント

■もち米を炒めた際には透きとおり粘りが出るのが目安です。火加減が強く水分が飛ぶのが早い場合は、水を少量足して様子を見てください。 ■ホイルは、30cm幅ワイドタイプを使用しています。38〜40cm長さにカットしたのち、3等分の幅で切って使用します。

  • ■もち米は研いでザルにあげ、水気を切ります。(15〜30分) ■キチントさんフライパン用ホイルシート(包み用)を用意します。40cm×10cmに切り、片方の端を1cmほど折り、同じものを12枚用意します。 ※工程は下部に詳しく記載しています。

    工程写真
  • 1

    フライパンに2〜3cm幅に切った牛切り落とし肉を入れ中火で炒め、A 醤油大さじ1、砂糖大さじ1、酒大さじ2、オイスターソース大さじ1で味を整えます。

    工程写真
  • 2

    ①に、もち米と水を入れ弱めの中火で全体に水分がなくなるまで混ぜながら炒め煮にします。 ※もち米が透きとおり粘りが出るのが目安です。火加減が強く水分が飛ぶのが早い場合は、水を少量足して様子を見て火を止めます。

    工程写真
  • 3

    下準備したホイルを三角に折ります。 ※写真は折り目を左にして右に折っています。

    工程写真
  • 4

    ③の三角形を畳むように折ります。

    工程写真
  • 5

    右角を左対角線に向けて折ります。

    工程写真
  • 6

    手に持って袋状にし、②をぎっしりと詰め折りたたんで綴じます。

    工程写真
  • 7

    フライパンに分量外の水200mlを入れ中火にかけ、キチントさんフライパン用シート(30cm×30cm)をのせます。

    工程写真
  • 8

    ⑦の上に⑥を並べ入れ、蓋をして蒸気がたったら弱火で25分蒸します。

    工程写真
  • 9

    まとめて作ってお弁当や、冷凍保存も可能です。冷凍保存の場合は、しっかりと冷めてからジッパー付き袋に入れ、食べる時に10分蒸すか、ホイルを取りレンジで温めてください。

    工程写真
レシピID

386178

「牛肉」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ちまき」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

奥山 まり
Artist

奥山 まり

身近な素材や調味料を使ってシンプルに、〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。 フードディレクターとして産地を巡り・新商品やリニューアル商品の開発・飲食店メニューの構築などに携わる中で、プロの現場の機材や調味料と家庭での調理の違いを肌に感じる日々。 「家庭だからこだわって作れるもの」「家庭だったらこう作るといいかも?」と、基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】とひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです。 乳がんサバイバー2年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始める君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

「料理家」という働き方 Artist History