殻付き生牡蠣とリンゴ、ライムの香り

10

2021.06.29

分類副菜

調理時間: 10分

ID 415667

三浦ユーク

料理はエンターテイメント!心と胃袋を幸せに!

海のうま味あふれる生牡蠣に、リンゴを合わせて。フレッシュな果実感とシャキッとしたリンゴの食感が、牡蠣の濃厚さを引き立ててくれます。生姜のピリッとした辛味、ライムの香りとホロ苦さが全体を引き締めます。

良く冷やしたフレッシュフルーティーで軽快な飲みごたえのイタリア産スパークリングワイン「プロセッコDOC」とぴったりなペアリングです。是非お試し下さい!

材料

2人分
殻付き生牡蠣 2個
リンゴ(5㎜厚スライス) 1枚
生姜 1/2片
EXVオリーブオイル 小さじ1
ライム皮(防カビ剤不使用) 適量
黒胡椒 少々

作り方

ポイント

#プロセッコDOC保護協会タイアップ

・殻付き牡蠣は何個か開けている内にコツを掴んでいきますが、最初は慎重にゆっくりと作業して下さい。また、ナイフの刃は必ず外向き(牡蠣を押さえている手とは反対方向)にして下さい。
・牡蠣は必ず鮮度の良い生食用を使用して下さい。生に抵抗がある場合は殻付きのまま電子レンジ(500w)で5分、牡蠣の口が開くまで加熱して蒸し牡蠣にしてもオススメです。
公式アプリで献立を作ろう

レシピを自由に組み合わせて
あなただけの献立が作れる!

アプリストアへ

  1. 【牡蠣殻を開ける・水洗いする】
    ❶殻付き生牡蠣をたわし等でよく水洗いする。

    ❷12時方向を殻が大きくなっている方、6時方向を殻同士が繋がっている方にし、6時方向を手で押さえる。牡蠣殻の平らになっている方を上側にし、殻の合わせ目(3時方向)からテーブルナイフ等をゆっくりと左右にねじり込んで差し込む。

    ❸ナイフを上の殻に添わせて差し込んだら、少しずつナイフを動かし、上の殻にくっついている貝柱を切り離す。

    ❹手で上の殻をゆっくりと外す。

    ❺下部分の貝柱(3時方向)を切り離す。

    ❻流水で牡蠣の身をやさしく揉み洗いする(可能ならその後、氷水で冷やす)。牡蠣殻を器に使用する場合は殻も綺麗に洗う。
  2. 【材料を切る】
    リンゴ(5㎜厚スライス)はさいの目切りにする。
    生姜は太目の千切りにする。
  3. 【盛り付ける】
    牡蠣の上にリンゴ、生姜、黒胡椒を盛り付ける。
    上からEXVオリーブオイルをかけ、ライム皮(防カビ剤不使用)をグレーター(おろし金等)で削って完成!
  4. 【プロセッコDOCとのペアリングコメント】
    リンゴやほのかな柑橘感じる爽やかな香り、キメ細かな泡でドライなのど越しのプロセッコDOCと合わせました。

    牡蠣の濃厚なうま味にリンゴのフレッシュ感やライムのアクセントが加わり、またオリーブオイルが全体を柔らかくまとめているので、軽やかでドライなプロセッコDOCの発泡感が全体をキリっさせつつ、牡蠣のミネラル感や濃厚な味わいの輪郭がはっきりし、うま味を引き上げてくれています。
1 9

コメント・感想 Comment

このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

このレシピをサイトに埋め込む

関連コラム article

まずは3ヶ月無料でお試し!

※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

プレミアムサービスとは