レシピサイトNadia
    • 公開日2015/12/29
    • 更新日2015/12/29

    縁起を担ぎ八の末広がりに八種類の食材!お祝い事やお正月に欠かせない九州の郷土料理「がめ煮」

    九州地方では「がめ煮」意外の地域では「筑前煮」とも。どの地域でもお祝い事やお正月の席には欠かせない郷土料理の代表その由来と美味しく作る、魅せるコツ。

    このコラムをお気に入りに保存

    1

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    縁起を担ぎ八の末広がりに八種類の食材!お祝い事やお正月に欠かせない九州の郷土料理「がめ煮」

     

    行楽日和に食べたいレシピとは?

    お仕事にて、九州の郷土料理「がめ煮」を製作。レシピのテーマが「秋の味覚を堪能できる行楽日和」。このお題が来た時はすっごく悩みました。

    「行楽=お弁当」
    これがずーっと頭から離れず(笑)さらに秋の食材を使うとなると「炊き込みごはん」が頭から離れず。

    そんなときふと頭をよぎったのが子供の頃の運動会のお弁当の記憶。唐揚げ、海老フライ、卵焼き、オニギリ・・・・あ、「がめ煮」!!!

     

    がめ煮って?

    私が育ったのは愛知県ですが両親とも九州出身。そういえば、お正月の時もかならずおせちには「がめ煮」が入っていました。九州に帰省して迎えたお正月もばぁちゃんのがめ煮は欠かせなかった。

    そう考えると「がめ煮」、 実は我が家の行楽料理だったのです!

    博多弁の「がめくり込む」(「寄せ集める」などの意)が名前の由来と言われる。また、文禄の役の時に、朝鮮に出兵した兵士が当時「どぶがめ」と呼ばれていたスッポンとあり合せの材料を煮込んで食べたのが始まりと言われている。亀煮から「がめ煮」と名づけられたと言われている。

    現在は、スッポンではなく鶏肉を使うのが普通である。正月料理や祝いの席での料理として作られるほど地元では欠かせない味となっており、水炊きとともに農山漁村の郷土料理百選に福岡県の郷土料理として選ばれている。

    引用:がめ煮ーWikipedia

    ちなみに我が家のお弁当に入っているのは「がめ煮」。他のご家庭のお弁当に入っているのは「筑前煮」。本当は呼び方が地方によって違うだけなんですが、幼い頃は全然別ものと思っていたり(笑)
    どのご家族もお子さんへの「運動会!がんばれっ!」の思いがこもっていたんだと思います。

     

    縁起担ぎにも

    「がめ煮」こと「筑前煮」ともに縁起の良い素敵ないわれがあるのをご存知ですか?

    「縁起を担ぎ八の末広がりに八種類の食材を使う」

    引用:「日本の郷土料理!」筑前煮!煮しめ!がめ煮!

    なるほど、お祝い事にかかせない理由もここにあり!お祝いごとや人が大勢集まる際には「がめ煮」をお重につめて出す風習。運動会や行楽のお弁当にもよく使われているのも納得がいきました。

    さて、茶色くなりがちな日本食。とくに煮物ですが、今回は無水調理する事によって旨味を閉じ込め彩りもよく仕上がりました。
    あと少しで新しい年を迎えます。おせちの1品として「がめ煮」ぜひ作ってみてください。ちなみに実家に集う際の私のおせち担当メニューは「がめ煮」になりました(笑)

     

    材料8人分

    れんこん‥‥‥200g
    里芋‥‥‥5個
    干し椎茸‥‥‥小6個
    鶏もも肉‥‥‥1枚
    ゴボウ‥‥‥1本
    にんじん‥‥‥1本
    こんにゃく‥‥‥200g
    絹さや‥‥‥6本

    【A】淡口醬油‥‥‥大さじ3
    【A】砂糖‥‥‥小さじ1
    【A】酒‥‥‥大さじ3
    【A】みりん‥‥‥大さじ3
    【A】椎茸の戻し汁‥‥‥もどしてできた分量

     

    作り方

    (下準備)椎茸は500mlのお湯で戻しておく。
    こんにゃくはスプーンで一口大にちぎり、分量外の塩でもみ込み臭みをとり、洗って水を切っておく。
    野菜と鶏肉は一口大にきり、レンコンは分量外の酢を少しいれた水にさらして、水を切っておく。
    絹さやは筋をとり、塩ゆでしておく。

    ①鍋にクッキングシートをしき、れんこん、里芋、しいたけ、ごぼう、にんじん、こんにゃく、鶏肉をいれ、蓋をして弱火で50分火にかけます。

    ②材料に火が通っていたら【A】をくわえ、落としぶたをして中火で味がなじむまで煮込む。

    ③器に盛りつけたら彩りに絹さやを飾る

    レシピの詳細はこちら

    https://oceans-nadia.com/user/10697/recipe/132318

    キーワード

    このコラムをお気に入りに保存

    1

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    SNSでシェアしよう

    このコラムを書いたArtist

    SHIMA
    • Artist

    SHIMA

    \ 解決!今日、何作ろう? / フードディレクター・料理研究家・お料理YouTuber ▶︎楽うまズボラ「作って、食べたくなる」 ▶︎簡単オシャレごはんのコツと裏ワザ ▶︎気負わず作れるお役立ちレシピとアイデア、スタイリング 青色のお皿フェチ、料理と器、お酒とカレー犬とキャンプとDIYが大好物。 ■お料理動画配信中 節約レシピ、簡単レシピ、料理の基本など動画でお洒落にわかりやすく解説 YouTubeページ https://www.youtube.com/channel/UCCTvb8xD7Bx1xYSyqUk7nZw 映像編集の仕事を経てフリーランスとなり、 2011年に大好きだった料理の幅を広げようとお料理ブログを開設。 現在、料理研究家として、“簡単・時短・節約なのにお洒落“をテーマにレシピ開発、 コラム執筆、暮らしに役立つアイデアの紹介、テレビ出演など。 また、生産者、メーカー、企業と食卓を繋ぐ「食からのコミュニケーション」を目指す。

    にゃでぃあのおすすめ!
    「料理家」という働き方 Artist History