レシピサイトNadia

    シフォンケーキの素で作るすだちサバラン風

    デザート

    シフォンケーキの素で作るすだちサバラン風

    お気に入り

    7

    • 投稿日2016/09/12

    • 更新日2016/09/12

    • 調理時間30

    初めて使うシフォン用のミックスで作るふんわりとした滑らかな生地に感動。更に、すだちシロップがスポンジに一体となってジューシで美味しいです。すだちの酸味がレモンやライムとの違う味わいにお勧めの一品です。

    材料180㏄入り8個分

    • シフォンケーキの素
      一袋80g
    • 豆乳
      30cc
    • 三温糖
      30g
    • すだちの擂りおろしの皮
      1個分
    • 2個
    • 【すだちシロップの材料と 分量】
    • すだち
      2個
    • すだちシロップ【関連記事】
      大さじ3
    • ミネラルウォーター
      大さじ3~4
    • 【ホイップクリームの材料と 分量】
    • 豆乳ホイップクリーム
      40cc
    • ハチミツ  
      小さじ1~2
    • すだち(飾り用)
      1/6個(一人用)
    • 粉糖(トッピング用)
      適宜
    • すだちの皮の擂りおろし
      適宜

    作り方

    ポイント

    "初めてミックスを使いましたが、ふんわりして美味しかったです。 ミックスを使用しない場合は薄力粉80gでベーキングパウダー小さじ1弱を一緒に振るい④へ。"

    • 1

      【関連記事】すだちシロップを作る。今回は30分ものを使用。

    • 2

      主な材料です。

    • 3

      三温糖15gと卵黄2個分を40度の湯煎にかけ混ぜる。温まったら湯煎から外し更にホイップする。ハンドミキサーですと簡単。

    • 4

      更に③に豆乳とサラダ油を加えてホイッパー又はハンドミキサーで混ぜる。シフォン用の粉を入れてゴムベラで混ぜる。

    • 5

      残りの三温糖15gと卵白を混ぜ、ツノが立つまでつややかなメレンゲを作る。④に③回に分けて切るように混ぜ合わせる。

    • 6

      紙コップに8分目迄⑤の生地を入れる。大きさが異なるので、生地を7~8等分する。シロップ漬けのすだちをトップに飾る。

    • 7

      170度に温めたオーブンに入れて20分焼く。オーブンによって異なるので時間を調整してください。

    • 8

      上記の材料で作ったすだちシロップを1個当たり大さじ1湿らせる。

    • 9

      カップから丁寧に取ったシフォンです。ひっくり返し、底にシロップすだちの輪切り1枚を置きシロップ大さじ1をかける。

    • 10

      豆乳又は生クリームのホイップをわきに添えて粉糖を万遍なくかける。すだちの皮の擂りおろしをかける。

    • 11

      完成です。紅茶とともに頂いて下さい。

    • 12

      今回使用した粉はSeriaの108円のシフォンケーキの素です。こちらを一袋使いました。

    レシピID

    135731

    コメント

    送信

    関連キーワード

    吉村ルネ
    Artist

    吉村ルネ

    低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング/出汁料理家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々のグランプリ100以上を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

    「料理家」という働き方 Artist History