Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. れんこんのねぎ塩きんぴら【作り置き】

    れんこんのねぎ塩きんぴら【作り置き】 2分前

    105人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 大根とツナのごまマヨサラダ

    大根とツナのごまマヨサラダ 3分前

    134人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. やみつき♡おつまみ長いも【#作り置き#ポリ袋#コンビニ風】

    やみつき♡おつまみ長いも【#作り置き#ポリ袋#コンビニ風】 3分前

    188人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 長いものとろとろ♡中華たまごスープ【#とろみづけ不要】

    長いものとろとろ♡中華たまごスープ【#とろみづけ不要】 3分前

    101人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. ガーリック醤油のカリカリチキン【冷凍・作り置き】

    ガーリック醤油のカリカリチキン【冷凍・作り置き】 29分前

    137人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

茎も使うブロッコリーとサーモンのグラタン

40

2014.11.10

分類

調理時間: 40分

ID121302

曽布川優子

見て楽しむ食べて味わうおいしいイタリアン

シナモンで香り付けしたベシャメルソースにブロッコリーとサーモン ペンネを絡めたソースたっぷりのグラタンです。小さく切ってさっとバターで炒めたブロッコリーの茎がおいしさのポイントです。

アイデア料理 ブロッコリー グラタン 牛乳 サケ

このレシピをブログで紹介する

材料(2人)
ペンネ 60g
ブロッコリー 160g
サーモン 160g
玉ねぎ 30g
バター 15g
白ワイン 大さじ1
塩・コショウ 少々
A
小麦粉 30g
A
バター 30g
A
牛乳 500cc
A
ナツメグ 少々
A
塩・コショウ 少々
パルミジャーノ 20g
パン粉 少々
作り方
Point!
ブロッコリーの茎を加えるのがポイントです。茎の部分は美味しいので全て使います。 パルミジャーのは半量ソースに混ぜてコクを付け残りは上にのせてカリッと焼いて香りを出します。
  1. ブロッコリーは小房に分け さっと茹で 茎は皮をむいて小さめの角切りにし 

    玉ねぎはみじん切り サーモンは一口サイズに切り 塩・コショウする
  2. 鍋にバターを溶かし小麦粉を入れ良くかき混ぜ牛乳を少しずつ加え

    ナツメグ 塩・コショウしてべシャメルを作る
  3. フライパンにバターを入れ玉ねぎと茎を入れ炒め サーモンを加え白ワインをふる
  4. ベシャメルソースを加え 茹でたパスタをいれよくかき混ぜ パルミジャーノの

    半量を加える
  5. 耐熱皿に盛り付け 残りのパルミジャーノ パン粉をふり 180°のオーブンで

    焼く
9 29
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】搾りたてのコールドプレスジュースが飲める!ヒューロムの「試飲・実演体験会」
    搾りたてのコールドプレスジュースが飲める!ヒューロムの「試飲・実演体験会」 この特集を読む
  2. PR 【PR】「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちを伝える食卓
    「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちを伝える食卓 この特集を読む
  3. PR 【PR】作る時から会話が弾む。BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓。
    作る時から会話が弾む。BRUNO crassy+で楽しむライブ感ある食卓。 この特集を読む
  4. PR 【PR】素朴で優しい日本の味をご家庭で!「京風割烹白だし」のレシピ集
    素朴で優しい日本の味をご家庭で!「京風割烹白だし」のレシピ集 この特集を読む
  5. PR 【PR】大阪北部産野菜のかんたん&おいしいレシピ特集
    大阪北部産野菜のかんたん&おいしいレシピ特集 この特集を読む
  6. PR 【PR】家計の強い味方「鶏むね肉」でヘルシーチキン南蛮弁当!
    家計の強い味方「鶏むね肉」でヘルシーチキン南蛮弁当! この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

作ったメモ

<作ったメモって?>
自分だけが見ることができるメモです。記録したメモは「作ったメモ一覧」で見ることができます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

アイデア料理×鯖缶 (7) グラタン×鶏肉料理 (3) サケ×鶏胸肉 (3) ブロッコリー×黒豆 (3) 牛乳×黒ごま (3)
もっと見る

「ブロッコリー 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents