レシピサイトNadia
    主菜

    本格!『えびのチリソース煮☆とろとろ卵添え』辛旨エビチリ☆

    • 投稿日2024/06/03

    • 更新日2024/06/04

    • 調理時間20

    おうちで本格派!えびのチリソース煮レシピです🦐✨ プリプリのえびに特製チリソースがたっぷり絡み、ピリ辛でやみつきになる美味しさ♡ とろとろ半熟卵との相性も抜群🍳✨ご飯にのせて食べたい!と、家族にも大人気でした🙌

    材料2人分

    • えび(殻付き)
      12尾(約270g)
    • A
      酒、ごま油
      各小さじ1
    • A
      塩、こしょう
      少々
    • 片栗粉
      小さじ1と1/2(えび用)
    • サラダ油
      小さじ2
    • B
      生姜のみじん切り
      1片分
    • B
      にんにくのみじん切り
      1/3片分
    • B
      豆板醤
      小さじ1/4
    • B
      ごま油
      大さじ1
    • トマトケチャップ
      大さじ2
    • C
      65ml
    • C
      大さじ1と1/2
    • C
      砂糖
      大さじ1/2
    • C
      鶏がらスープの素(顆粒)
      小さじ1/2
    • C
      ひとつまみ
    • 片栗粉
      小さじ1/3(とろみ用)
    • 長ねぎ(白い部分)のみじん切り
      大さじ3程
    • 小さじ1/2
    • ごま油
      少々(仕上げ)

    作り方

    ポイント

    ☑︎えびは下処理することで臭みが消え、食べやすくなります◎ ☑︎水溶き片栗粉は少しずつ加えながら混ぜ、ソースに満遍なくとろみをつけます◎ ☑︎とろとろ卵は、卵2個に塩少々混ぜてよく溶きほぐし、強めの中火でよく温めたフライパンにサラダ油を入れ、溶き卵を流し入れます。ヘラでやさしく混ぜながら半熟状になったら器に盛り付けます。

    • えび(殻付き)の殻と尻尾を取り除き、塩(小さじ1/2・分量外)、片栗粉(小さじ2・分量外)の順によくもみ込み、水でよく洗い流して汚れを落とす。必要があれば、背わたも取り除く。

    • 1

      えびにA 酒、ごま油各小さじ1、塩、こしょう少々をもみ込み、片栗粉(小さじ1と1/2)を加えてさらにもむ。 片栗粉(小さじ1/3)は倍量の水で溶いておく。(水溶き片栗粉)

      工程写真
    • 2

      フライパンにサラダ油(小さじ2)を中火で熱し、えびの両面を軽く焼いて取り出す。

      工程写真
    • 3

      2のフライパンにB 生姜のみじん切り1片分、にんにくのみじん切り1/3片分、豆板醤小さじ1/4、ごま油大さじ1を入れて中火で軽く炒めたら、トマトケチャップを加えてさらに炒める。

      工程写真
    • 4

      C 水65ml、酒大さじ1と1/2、砂糖大さじ1/2、鶏がらスープの素(顆粒)小さじ1/2、塩ひとつまみを加えて煮立たせ、2のえびを戻し、水溶き片栗粉でとろみをつけてよく絡める。仕上げに長ねぎ(白い部分)のみじん切りと酢、ごま油(少々)を加えてさっと混ぜる。

      工程写真
    • 5

      半熟状に仕上げた卵を盛り付けた器に、4を盛り付ける。 とろとろ卵の作り方はポイントをご覧ください^^

      工程写真
    レシピID

    484327

    質問

    作ってみた!

    「エビチリ」の基本レシピ・作り方

    こんな「エビチリ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「えび」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    tomoko
    • Artist

    tomoko

    料理家

    【野菜が好きになる♪栄養満点レシピ】 \食べ盛りの子どもたちに/ 体に優しい!野菜とお肉の満腹おかず🍚🥢 気づいたら野菜好き♪苦手野菜の克服にも✨ ---プロフィール--- 息子(10才)と娘(6才)の母。愛知県在住。 2014年からNadia artist として活動を始める。 『父の日の、スタミナ肉レシピコンテスト』にてグランプリ受賞、monthly MVP で編集部賞受賞。 Naidaコラム執筆や企業のレシピ開発、レシピ本(Nadia magazine、なつかし洋食 あかぬけ中華 一生好きな町中華等)への掲載など。 大好きな野菜を毎日飽きずに美味しく、家族にまた食べたい!と言ってもらえるようなレシピをInstagramやブログで発信中。

    「料理家」という働き方 Artist History