レシピサイトNadia
    主食

    きれいな黄色に炊きあがる。基本の栗ごはん

    • 投稿日2022/11/24

    • 更新日2022/11/24

    • 調理時間5(栗を剥く時間、炊飯時間を除く)

    お気に入り

    50

    秋の定番、栗ごはんのレシピです(旬が終わりかけの投稿となりすみません) 栗を剥いたあとちょっとひと工夫するだけで ご覧のように鮮やかな黄色に炊き上がります(もちろん、クチナシは使っていません) 栗剥きのポイントは https://oceans-nadia.com/user/146865/recipe/449073 をご覧ください。

    材料3人分

    • 白米
      2合
    • 生栗
      大6〜8粒(お好みで加減してください)
    • A
      塩麹、酒
      各大さじ1
    • A
      適量(ポイント欄に詳細あり)
    • ごま塩
      お好みで適量

    作り方

    ポイント

    ▶冷凍する場合は炊き上がりをほぐし、熱いうちにふんわりとラップに包む。蒸気ごと包むことでパサつきを防げる。 ▶︎米の水加減は目安ですのでお好みで。 ⁡

    • ▶︎白米はといで30分以上水(分量外)にさらし、ザルに上げて5分水を切る。 ▶︎栗は鬼皮と渋皮を剥いて水にさらしておく。 生栗の黄色を鮮やかに保つための剥き方、保存法は以下でご紹介しています。 https://oceans-nadia.com/user/146865/recipe/449073

    • 1

      《ホーロー鍋(または土鍋)で炊く場合》 水を切った米、A 塩麹、酒各大さじ1、水適量を入れてずらして蓋をし、中火にかけて沸騰させる。鍋底からひと混ぜする。栗を並べて蓋をし、ごく弱火で10分炊飯。火を消し、保温しながら10分蒸らす。 ⁡ 《炊飯器で炊く場合》 白米、A 塩麹、酒各大さじ1、水適量を入れて通常通り炊飯する。 ⁡ ⁡

    • 2

      栗が大きければほぐしながらさっくりと混ぜ、好みでごま塩を振って召し上がってください。

    レシピID

    449096

    質問

    作ってみた!

    「炊き込みご飯」の基本レシピ・作り方

    こんな「栗ごはん」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    むっちん(横田睦美)
    • Artist

    むっちん(横田睦美)

    料理家

    2003年に日本菓子専門学校を卒業後、都内のパティスリーに勤務。 業務用調理食材専門店に勤めるかたわら、料理教室のアシスタントで経験を積む。 食品メーカーの営業を経て、現在は料理家として活動中 現在は企業向けのレシピ開発のほか、雑誌やラジオなどでも活躍中。 おもに食品メーカーへのレシピ提案、webメディアでのコラム執筆等を行い、 著書に「極上だれでパパッとごはん(ワン・パブリッシング)」がある。 https://one-publishing.co.jp/books/9784651200965/ 【セミナー実績】 アメリカ産のナッツ・ドライフルーツをテーマにした単発のオンラインセミナーで講師を務める。 (レシピサイトNadia・アメリカ大使館農産物貿易事務所 (ATO)共催) https://www.instagram.com/p/CgXqJIrs7w1/ https://www.instagram.com/p/ChF8eAgreMN/ https://www.instagram.com/p/ChF8eAgreMN/ 【おもな出演番組、雑誌掲載】 テレビ出演 日本テレビ「ZIP!」https://www.ntv.co.jp/zip/ ラジオ出演 TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」 https://wp-manage.tbsradio.jp/598657 https://www.tbsradio.jp/articles/detail/?id=48421 https://www.tbsradio.jp/articles/64833/ 雑誌掲載 「たまひよ」「with」「Nadia マガジン vol.1〜vol.10」ほか 【SNS】 Instagram:https://www.instagram.com/muccinpurin/ レシピサイトNadia:https://oceans-nadia.com/user/l46865 YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCpnqiOg27MAHQ9pAEzjAvwA 2021年5月初の著書となる『極上だれでパパッとごはん』を発売。

    「料理家」という働き方 Artist History