クラシックショートケーキ

60

2014.12.09

分類

調理時間: 1時間 0分(冷ます時間は除く)

ID 122093

宇田川 みさき

料理からなりたい自分になる♡

定番のショートケーキをきび砂糖のスポンジ生地にして、懐かしく優しい甘さに仕上げました。
苺は華やかに盛り付け、特別な日に作ってあげたいケーキです。

    材料

    (22cm型1台)
    3コ
    きび砂糖 80g
    薄力粉 90g
    バター 15g
    牛乳 大さじ1
    生クリーム 200cc
    砂糖 15g
    大粒5コ
    バター(型に塗る用) 適宜

    作り方

    ポイント

    生地の泡立ての際の見極めが大切なので、慌てず丁寧に行って下さい。
    湯せんにかけながら、ふわふわにしたら定速でキメを整えましょう。
    オーブンの火力によって時間や温度を調整してください。竹ぐしで真ん中を刺して、生地がくっ付いてこなければオッケーです。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. バターは溶かしておく。
      オーブン余熱170℃入れておく。
    2. ボウルに卵を入れ軽くほぐし、きび砂糖を半量入れ泡立てる。
      残りのきび砂糖も入れ、湯せんにかけながら白っぽくモコモコになるまで泡立てる。
      泡立て器から生地が落ちると跡が残るくらいの硬さまで泡立てる。
      始め高速で泡立て、最後は定速で泡立てキメを整える。
      この時の生地温度は45℃くらいが良いので、指を入れてお風呂より熱めに感じればオッケー。
    3. 湯せんから外し、薄力粉を少し高めの位置から振るい落とし、ゴムベラで切り混ぜるように粉が見えなくなるまでよく混ぜる。
      生地にツヤが出てくると良い。
    4. 溶かしバターと牛乳をゴムベラに沿わすように注ぎ入れ、よく混ぜる。
    5. 型にバターを塗り、生地を流し込む。
      大きな気泡が出来ないよう、布巾の上に軽くトントンと落とし空気抜きをする。
    6. オーブン170℃で30分焼く。
      焼き上がったら冷ましてから、型から抜く。
    7. 生クリームに砂糖を加えホイップする。デコレーションし易い硬さ8分立てにする。
      この時、ボソボソに泡立ててしまった応急処置用に、少し生クリームを取っておくと後で調整しやすいです。
    8. 苺はヘタをとり、縦に3〜5mm幅にスライスする。
      スポンジ生地を二層に切り、一層目にホイップクリーム、苺を並べ、またホイップクリームを塗り、二層目の生地をのせる。
    9. 天辺、側面とナッペしたら、苺を外側から花びらのように飾り付ける。
      中心にミントを飾る。
    9 34

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「いちご 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは