レシピサイトNadia
    デザート

    材料2つ!子供が喜ぶ♪懐かし駄菓子*きなこ棒

    • 投稿日2018/11/24

    • 更新日2018/11/24

    • 調理時間10(固める時間は除いています。、)

    お気に入り

    245

    子供の頃大好きだったきなこ棒♪ 材料2つで、なんと10分であっという間に出来ますよ♡ 水あめをレンジでチンしてきな粉を入れて混ぜて形を整えて切ったら完成! お子さんが大喜びで食べてくれる事間違いなし! 自分も食べたら止まらなくなるので注意です(笑) きな粉たっぷりでお子さんからご高齢の方まで喜んで頂ける身体に優しいおやつです🍀

    材料5人分10本出来るので1人2本で計算しています

    • 水あめ
      100g
    • きな粉
      60〜70 g(水あめの固さで分量は調整して下さい)
    • きな粉(打ち粉用)
      適量

    作り方

    ポイント

    ☆レンジ800Wでチンしました。器が熱くなるので気をつけて下さいね。 ☆甘めが好きな方は、三温糖を大さじ1〜2入れて下さい(最初に砂糖ときな粉を混ぜ合わせてから水あめに入れて下さい) ☆形を四角く整える時にナイフや包丁の背などで形を整えるとキレイな四角になります。私はケーキサーバを使いました ☆切り分けた時にねじるとねじり棒になります ☆竹串を使う場合お子さんが怪我をしないように気を付けて下さいね

    • 1

      水あめを器に入れてレンジで40秒位チンし、きな粉を入れてなめらかになるまで混ぜます。

      工程写真
    • 2

      クッキングシートに打ち粉のきな粉と練った水あめきな粉を入れ四角く形を整えます。切り分ける印をつけて竹串を軽く挿し切り分けます。

      工程写真
    • 3

      ビニール袋などを手に被せて切り分けたきなこ棒を回しながら握り形を整え、串をしっかり刺したら出来上がり♪右が包丁で切ったまま、左が丸めて形を整えた物です。

      工程写真
    • 4

      【ポイント😊】 ○水あめの種類によって固さの違いがあるので固い時はきな粉を60g、柔らかい時は70g使用して下さい。 ○竹串は短め12cmを使用しています。 ○刺す時に竹串をくるくる回しながら刺すと刺しやすいですよ。 ○切り分ける太さはお好みで調整して下さい。 ○竹串無しで切り分けて後で刺しても竹串無しで作っても大丈夫です。切り分けてから竹串を刺す場合は工程③の握って形を整えながら刺して下さい。 ○四角くせずに棒状に伸ばしたり、丸く丸めたり、短めに作って爪楊枝を刺したりお好きなやり方で作って下さいね。

    レシピID

    368688

    「作り置き」の基礎

    「大豆」の基礎

    質問

    関連キーワード

    まこりんとペン子
    Artist

    まこりんとペン子

    頑張り過ぎずに出来る時短&節約ご飯 旬の食材やお手頃食材でスグ出来るあと1品 特別な食材や調味料を使わず、家にあるいつもの食材や調味料で簡単に作れる美味しい「毎日ご飯」&卵アレルギーの子供の為に卵無しで美味しいご飯。卵アレルギーがあっても無くても皆が一緒に美味しく食べられる『笑顔の一緒ご飯』を目指しています☺️ 👑Nadia2018新人賞 👑Nadia 酪農家を応援!今こそ牛乳を飲もう!食べよう!牛乳レシピコンテスト 「グランプリ」 👑Nadia×ヤマキ かつお節で野菜嫌いを克服コンテスト「ヤマキ特別賞」 👑Nadia×フジッコ フジッコ蒸し豆で簡単アレンジレシピコンテスト「フジッコ賞」 👑Nadia2022.10「Nadia編集部賞」 👑Nadia2022.11「Nadia Monthly MVP」 👑Nadia×kuradashi フードロスをなくそう!訳あり食材活用レシピコンテスト「kuradashi賞」 ・日本ハム 第2回食物アレルギー対応食料理コンテスト「審査委員特別賞」 ・うま味調味料活用コンテスト「しかない賞」 ・明治おいしい牛乳家族が喜ぶ牛乳レシピコンテスト 「グランプリ」 ・フジッコ よろこんぶおにぎりコンテスト 「グランプリ」 ・BRITA BRIしゃぶコンテスト 「グランプリ」 ・ラーマ 50周年ご当地トーストコンテスト 「近畿・四国部門 グランプリ」 その他多数受賞 【資格】 *栄養士 *上級食育アドバイザー *ベジタブル・フルーツアドバイザー *ショコラアドバイザー *環境アレルギーアドバイザー *マクロビオティックマイスター *マクロビオティックソムリエ *ローフードソムリエ *ファスティングソムリエ *練り切りアート認定講師

    「料理家」という働き方 Artist History