レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

真鯛の昆布締めと蕪の煎り酒和え

真鯛の昆布締めと蕪の煎り酒和え
  • 投稿日2015/02/18

  • 調理時間15(昆布締めの時間を含まず)

淡白な白身を昆布で締めて旨味を移し、江戸時代からある調味料「煎り酒」で和えるとまるで料亭の味! テクニック要らずで料理上手。

材料作りやすい分量

  • 真鯛サク
    150g
  • 中1個
  • こんぶ
    1枚(20cm)
  • 煎り酒
    30cc
  • 三つ葉
    適宜

作り方

ポイント

昆布締めは2時間後から食べられますが、お好みで1〜2日締めると昆布の旨味が凝縮されてお酒に合う味になります。

  • 昆布の表面を酒で拭いて湿らせておく

  • 1

    真鯛のサクを昆布で包み、ラップをしっかりと巻き付ける 冷蔵庫で2〜3時時間置いておく

  • 2

    蕪を縦半分に切ってから2~3mmの薄切りにする 塩をして余分な水分を抜く

  • 3

    昆布締めした真鯛のサクを削ぐように薄切りにして、蕪、三つ葉と共に煎り酒で和える

レシピID

125055

「かぶ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

ひな
Artist

ひな

「ひなや」出張料理人。 大阪生まれ兵庫京都育ちの関西人。 「食は愛」の家訓のもと育つ。 鎌倉を中心に関東圏で京都の家庭料理「おばんざい」をケータリング。 ありきたりのオードブルや仕出し料理に飽きた、ケータリング慣れしたお客様に好評。 個人宅のホームパーティから企業の懇親会、大使館での100人規模のパーティまで、全てひとりで仕入れから仕込みまで行い、お客様の楽しい時間のお手伝いをしている。

「料理家」という働き方 Artist History