鯛の昆布締め押し寿司

10

2021.07.30

分類主食

調理時間: 10分(昆布締めの時間は除く)

ID 418319

藤本マキ

簡単ヘルシー幸せごはん。

お刺身を昆布締めにするだけで絶品ですが、その昆布締めを押し寿司にしました♪

押し寿司専用の型は牛乳パックで代用!
ごはんは酢飯ではなく、塩昆布等を混ぜるだけで簡単です!

※京都のお寿司屋さんの昆布締め寿司があまりに美味しかったので、自宅で簡単に作れる方法で再現したレシピです。
 昆布の風味を生かしたお寿司のため、味が足りないときは、醤油ではなく塩を少しつけるのがおすすめです。

    材料

    (切り抜いた牛乳パックで作りやすい分量)
    鯛(刺身) 5~6切れ
    昆布 2枚(ポイント参照)
    温かいごはん 180~200g
    塩昆布 4g
    いりごま 小さじ2
    大葉 4枚

    作り方

    ポイント

    *購入して時間がたったお刺身等をご使用の場合は、昆布締めする前に、塩を軽くふって10~15分おき、水気をふいてからご使用ください。

    *昆布締めの昆布の種類は基本的に何でもよいですが、真昆布や羅臼昆布等、幅が比較的広く平らなものをご使用ください。お刺身が重ならずのせられる程度の大きさを2枚ご用意ください。

    *昆布締めを行う時間は3~4時間が適当と言われていますが、お好みで半日~1日置いても問題ありません。半日以上置くとお刺身が締まって硬めの歯ごたえになりますが、しっかりした昆布の味が楽しめます。

    *型から押し寿司を外す際、表面をラップ等で抑え、上から牛乳パックを引き抜くように抜いてください。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. 牛乳パックを約6cm高さの筒(四角柱)に切っておく。
    2. キッチンペーパーまたは晒布を料理酒でしめらせ、昆布の表面を軽くふく。一枚の昆布に鯛(刺身)を並べたら、もう一枚の昆布で蓋をかぶせる。ラップで包み、3~4時間(~半日)冷蔵庫で寝かせる。
      ※時間がたったお刺身を使用する場合はポイント参照方
    3. 温かいごはんに塩昆布、いりごまを加えて混ぜる。
      大葉は4枚をせん切りにする。
    4. ラップをひろげ、牛乳パックの型を置く。
      (2)の半量を平らに詰め、大葉のうち3/4をひろげる。
    5. 残りの(2)を詰めて平らにしたら、(1)から昆布を外して表面に並べる。
      型を外し、お好みで大葉(分量外)を敷いた皿の上に押し寿司をのせ、残った大葉の千切りを中央に添える。
    1 49

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「押し寿司 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは